【ほぼ日】子供に贈りたい、おすすめの地球儀【アースボール】

こんにちは。モリケンタロウです。

 

子供に地球儀を買ってあげたいけど、色々と機能的なものもあって迷うな。

良いものは結構高くつくな・・・。

もっと安価で、機能的で、子供が学べるような地球儀はないかな?

 

そうお考えの方にその2点を兼ね備えた商品をご紹介します。

 

 

こちらは手帳でお馴染みの「ほぼ日」から出している、「アースボール」という商品です。

この地球儀は約4,000円で買える割には、さまざまな楽しみ方ができます。

 

それでは、どのように使うのか早速見てみましょう。

 

スポンサーリンク

【ほぼ日】子供に贈りたい、おすすめの地球儀【アースボール】

可愛らしい箱を開けると、地球儀本体と、それを置く台がついています。

本体の大きさは子供でも持ちやすい直径約15cmです。

作者の糸井さん曰く、子供が蹴ったり、投げたりできるよう小さくて軽い地球儀にしたそうです。
わたし
わたし

でも普通に壊れると思うので、やめといた方が良いと思います。

 

使い方

 

使い方は至って直感的で簡単です。

 

このボールにスマホやタブレットで起動した専用アプリを使ってかざすと、さまざまな情報がアースボールからとびだします。

 

 

わたし
わたし

専用アプリを入手して、早速立ち上げてみます!

 

 

このようにさまざまなコンテンツが存在しています。


アプリ内に入っているコンテンツは全て無料で楽しむことができます。

中にはお子様の興味をひくようなものがあると思います。

 

コンテンツを選択したらカメラが立ち上がるので、あとはお手持ちのスマホ、またはタブレットにアースボールをかざすだけです。

 

あるコンテンツは、このように地球の今の雲や雨、気温の様子が確認できます。

 

他にも各国の国旗を表示するコンテンツがあったりします。


それぞれの国旗をタップすると、こんな具合にその国の情報が分かります。

 

その他、月を写してみたり

 

恐竜が発掘された場所を表したりできます。

 

もちろん通常の地球儀のような使い方もできます。

 

わたし
わたし

コンテンツの数だけ楽しみがあるので、私の子供も飽きずに楽しんでいます!

おすすめの楽しみ方

 

このアースボールはさまざまな情報が画面に表示されるので、タブレットの方が画面が大きい分、より楽しめると思います。

 

また、このアースボールを常にカメラの画面に収めておかなければならず、実はなかなか大変です。

なので、このようにスタンドで固定して、映し出した方が疲れません。

 

 

これでタブレットをかざしながらアースボールを回すと言う器用なことをしなくても良くなります。

 

まとめ

 

このアースボール、コンテンツはまだまだたくさんありますが、あとは実際に触ってみていただけたらと思います。

値段も4,000円しないくらいなので、お子様のプレゼントに持ってこいの商品だと思います。

 

また、下記インタビューで作者の糸井重里さんのこのアースボールに対する熱い思いが読めますので、興味があったら、見てみてください。

ほぼ日のアースボール
「ほぼ日のアースボール」は、国境も国名もない地球儀です。スマホやタブレットをかざすと、地球の「今」を見ることができます。世界のいろんな情報がとびだします。公式ページでは動画がごらんいただけます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました