【ポモドーロテクニック】集中したいなら、このアプリがおすすめです

こんばんは。モリケンタロウです。

 

なかなか作業に集中できない。

これは普遍的な悩みかもしれません。

前にも記事にしましたが、人はそこまで長く集中できる動物ではありません

 

仕事で集中したい?では会社に行くのをやめてみましょう!
こんばんは。モリケンタロウです。 テレワークの回数を増やしたら、職場=仕事が進まない場所という事実が顕著に現れてきました。 朝、眠い目をこすり、出勤。まだやる気になって...

 

最初こそ集中して仕事を行っていても、時間が経つにつれ作業効率がみるみる下がっていきます。

これだけ仕上げてから・・・、なんて考えてそのまま作業を続けていると、昼過ぎには頭が働かなくなり、逆に良いアウトプットが出せなくなる可能性が高いです。

良い集中は適度に時間を意識しつつ、区切って作業を行う必要があります

 

 

わたし
わたし

そんな時におすすめなのが手軽に使えるこのアプリです!

 

スポンサーリンク

【ポモドーロテクニック】集中したいなら、このアプリがおすすめです

アプリについて

そこでおすすめなのがこのアプリ。

ネーミングがスバリ「集中」。

こちらは文字通り集中に特化したアプリです。
集中に対して、非常に意識が高い作者が作成しております。
無料で、しかも集中を削ぐような広告の類が一切表示されません

 

わたし
わたし

よく分かってらっしゃる。本当に素晴らしい。

 

大雑把に言えば、機能はただタイマーですが、集中力を高める工夫が色々となされており、使い勝手が抜群に良いです。

アプリの使い方

使い方は単純そのもので、下の画像のタイマーをタップして、集中して作業を行います。

作業が終わりましたら、その作業の集中度合いを評価します。

最後に休憩するよう促されますので、少し休憩しましょう。

シンプルですが、このサイクルが適度に集中を継続させるコツです。

時間を設定することにより、適度な緊張感を生み出し、仕事や勉強の際の集中力を高めてくれる。いわゆるポモドーロテクニックとも呼ばれています

設定について

デフォルトでは10分、25分、60分のタイマーがありますが、自分で好きな時間を設定することも可能です。
私はここに名前を「それなりに」(40分)を加えて使っていますが、実際よく使うのは25分です。

休憩時間に関しては1分、5分、10分が用意されています。私はここに「ラーメンができる程度に休む」(3分)を加えて使っています。

 

今はまだ実践中ではありますが、どんなに忙しくてもこの方法を取り入れるように心がけています。
(作業が乗っている時も、しっかり中断して休憩するように心がけます)

その他機能

また、下の画像のように、どれくらい集中できたかという履歴も確認することが可能なのでフィードバックの可能です。
(日毎、週毎、月毎、年毎に切り替え可能)

後は集中に対する意識が高い作者の、ためになる情報などを下の画像のアイコンで学ぶことができます。


最後に

 

前まで時間を区切らず、ぶっ通しで作業を行なっており、後半(夕方3時以降)は頭が働かず、良い仕事ができない状態になっていました。

このアプリを使い始めてからは、適度に集中した後は、休憩するのサイクルで、ぶっ通しで作業するより疲れずに済みます。

 

少しでも集中して作業を行いたい方は、お勧めなので是非使用してみてください!

 

ガッと集中して、しっかり休憩をとる。
これが集中を得るためのベストプラクティスだと確信しつつあります。

 

ちなみに・・・

集中のためにスマホ自体を遠ざけている方は、Apple Watchのタイマー機能をお勧めします

 

Apple Watchの有効的な使い方【おすすめの時間管理術】
こんにちは。モリケンタロウです。 今日はApple Watchによる時間管理についてお話ししたいと思います。 私は時間管理全般をApple Watchにお願いすることが多いです。 App...


タイマーをコンプリケーション(ホーム画面)に設定し、いつでも使えるようにしておくと、作業が捗りますので、一度お試しください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました