【使わなきゃ損!】オンラインストレージサービスを活用して、スマホやタブレットの容量を気にしない生活を手に入れよう!

こんばんは。モリケンタロウです。

みなさまはオンラインストレージサービスはお使いでしょうか?

最初は自分の個人情報をWEB上にUPするなんて怖いし、覗かれる心配もあるので嫌だなぁと思っていましたが、よくよく考えてみると僕みたいな何の変鉄もない男のなんの得にもならない普通の情報が覗かれたってたかが知れています。

国家の存亡に関わるような重大な機密を抱えている人はおすすめしませんが、そうでない人はガンガン使っていきましょう。

ということで僕も自意識過剰はやめにして、今は素直に、この便利なサービスを教授しております。

そもそもオンラインストレージサービスってなんの目的でどうやって使うの?

基本アプリをダウンロードして新規登録の上、ログインすればすぐに使えます。

ドラッグ&ドロップなどで直感的に普通のフォルダとまったく同じように使えるので、オンラインであるということをしばしば忘れてしまいます。

そして使う目的は主に以下の3つになります

・単順にファイルを保存するストレージとして使う。

無料の場合、大してストレージの容量はありませんが、それでもいくつかの会社のサービスを使い分ければ、チリも積もって、スマホなどの本体容量にプラス20GBくらいの容量は確保できます。後で記載するGoogleフォトやAmazon photosを使えばさらに容量の確保をする事が可能です

もちろんお金を払えば払うだけ、さらに使える容量はグンとアップします。

・複数の端末を使っている場合、各端末間で自動的にファイルの共有が可能。

複数の端末でオンラインストレージサービスにログインすると、端末間でファイルを手動で移動する必要もなく、自動的にそれぞれ最新の情報に更新されます。いつどこでどの端末でファイルを更新、追加しても、ネットに繋がっていれば反映されますので、もはや手動で移動なんてだるくてやってられなくなるくらい便利です。

テキストやPDF、エクセル等のデータを保存先として使うとすぐさま全ての端末で共有できるので、複数の端末で編集する可能性のあるものはオンラインストレージに保存する方が良いでしょう。

画像や動画に関してはGoogleフォトに保存するのがオススメです。画質にさえこだわらなければ、無料で、なんと無制限で保存が可能です。

100GBだろうが100TBだろうが無料。すごいですね・・・。一体どういう仕組みなんだろうか。

Amazon prime会員の方はAmazon photosを使ってください。

こちらは写真であれば、なんと元の画質のまま無制限で保存できます!

動画もたくさん保存したい場合は、大人しく外付けHDDを買って保存するほうが良いでしょう。この場合クラウドサービスではいずれ容量不足になりますので。

・他の人とファイルが手軽に共有できる。

仕事の資料を共有したい、おじいちゃんおばあちゃんに孫の写真を見せたい等、他の人とファイルを共有したい場合に便利です。

それでは僕が使っている主なオンラインストレージサービスをご紹介します。

「Dropbox」

専用のアプリケーションを利用してクラウド上のストレージにローカル上の専用フォルダとの間で同期を取るタイプのサービスです。

専用フォルダにファイルをドラッグ&ドロップするだけでする事で、アプリをインストールした他の端末と自動的にファイルが共有、更新できます。

こちらは無料で2GBまでのファイルが保存出来ます。

「OneDrive」

Microsoftが提供するクラウドストレージサービスです。WindowsやMicrosoft製のアプリケーション(Excel、Word、PowerPointなど)と相性が良く、無料で5GBまで使う事が可能。Windowsを使っている方はあらかじめインストールしてあるので、すぐに使えるサービスです。

「Googleドライブ/Googleフォト」

Googleアカウントの作成で、Googleドライブ、Gmail、Googleフォトと併せて使用できる15GBの保存容量が、はじめから無料で提供されてます。

またGoogleフォトに関しては画質にこだわらなければ、無制限で写真や動画を保存する事ができます。画像に関しては大画面で画像を映し出す様な事がなければ、正直そこまで違いを感じません。

え!?これ無制限でいいの?と驚きを隠せません。

動画に関しては・・・。先程申し上げたとおり、大人しく元の画質のまま外付けHDDに保存した方が良いかもです。

「iCloud」

Appleが提供するこのサービスはやはりApple製品との相性が良いです。無料で5GBまで使えます。

Apple製品を使っている人は、普段のファイルの保存先はiCloudにすると良いでしょう。

僕はこれをメインで使っております。ファイルをまとめて圧縮(ZIP化)できるところも地味に好きです。

iPhoneやiPadの「ファイル」アプリで簡単にアクセスできて、ほかのデバイスでファイルを変更すると、自動的に更新が反映されます。

というか「ファイル」アプリはiCloudだけではなく、Dropbox、Googleドライブ、OneDriveとオンラインストレージサービスが表示されますので、個々のアプリで管理する必要すらありません。

なので、特にこだわりがなければ

写真や動画はGoogleフォト(Amazon prime会員はAmazon photos)

その他のファイルはそれぞれのサービス

で使いやすいものを選ぶ、もしくは使い分けるといった感じで良いとおもいます。

注意点としてはネットに繋がっていないとどうにもならないところと、容量の重いデータは下手したら通信量をモリモリ使う可能性がある事です。

特に写真や動画はwifi環境で閲覧、よく見る写真や動画は本体に保存しておけば良いと思います。

さあ、スマホやタブレットの容量がカツカツの方は、今すぐアプリをダウンロードしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました