あなたはデジタルの奴隷になっていませんか!?

こんばんは。絶賛、ミニマル活動決行中のモリケンタロウです。

本やCD、書類などデジタルに移行できるモノは極力データ化してモノを減らしています。
スマホ一つ、手のひらの中で全てのサービスを享受できる、あるいは把握できるという環境は大きな魅了であり、僕の目指しているところでもあります。

しかし、ここに来てひとつの疑問が浮かびました。

必要と思われるものを何でもかんでもデジタルにしてクラウドに放り込んでいますが、今デジタル化しているモノは本当に必要なモノなのか?

格納だけして満足して、その存在を忘れている様では、それはただのゴミデータです。
そしてゴミが散らかっている中に本当に必要な情報が埋もれてしまう危険性もあります。

これではお部屋が散らかっている状態と変わらないですね。
実際の物理的なモノと同じような考え方がデジタルでも必要だと確信しました。

モノは物理的に見えるのでまだ分かりやすい。
半面データはモノでは無いので、散らかってしまうと見つけ出すのが難しく、そのデータが存在している事自体忘れてしまい、把握するのが難しくなります。

なのでゴミデータの削除はもちろんのこと、デジタル化する際はとりあえず何でもかんでもデータ化するのではなく、本当にこれは今後必要なデータなのか?と自分に問いかける必要があります。

デジタルを整理して、無駄なものに費やす時間を、本当に必要なデータ、それだけに集中する。こういった取り組みが必要です。

デジタルの整理の対象となるのは、必要ではない(削除しても悪影響を及ぼさない)「データ」だけに留まらず、サイトやSNS、ゲーム、動画サブスクなど、「サービス」もそれにあたります。

僕もそうですが、多くの人が隙間時間についゲームをしたり、動画を見たり、SNSを見たり、いつの間にかデジタルに「依存」してしまっています。

いわばデジタルに使われてしまっている、支配されている状態なのです。

息抜きなど、それが必要ならもちろん良いですが、多くの場合やることがなくて、暇つぶしの為にやっている事が多いと思います。そしてもしそんな状態なのであれば、生産性を取り戻す必要があります。

デジタルの依存から解き放たれ、本当に必要なことに取り組むための時間を確保する。

デジタル・ツールに「使われる」のではなく、充実した人生を支えるためのツールとして、「使ってやる」ことを心がけましょう。

ということで、今後はデジタルの整理整頓もやっていきます。

何かオススメの方法があったら、また記事にしたいと思います!

わたし
わたし

モノを減らす効果についてはこちらの記事をご確認ください。

モノを手放す、その圧倒的な効果について【片付けの本当の意味】
こんばんは。モリケンタロウです。モノを手放すことについて。以前のモノが溢れていた部屋と比べてだいぶスッ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました