【1回目】初めてのヒゲ脱毛【ゴリラクリニック】

こんばんは。モリケンタロウです。

先日、ゴリラクリニックと契約して、初めてのヒゲ脱毛へ行ってきました。
今回はその時の流れと感想を記事にしたいと思います。

スポンサーリンク

【1回目】初めてのヒゲ脱毛【ゴリラクリニック】

店舗に着いたら、まず鍵の付いた靴箱に靴をしまい、代わりに中に入っていたスリッパに履き替えます。

靴箱の鍵とカードを受付の女性に渡して、コロナ対策の一環として体温チェックと「ここ最近の体調は大丈夫かい?」的な書面にチェックとサインをします。
書面にサインしたら、番号札をもらって、ソファでしばらく待ちましょう。

ちなみにこの時のお客さんは結構多く、8人くらいいました。
皆コロナでマスクをしているこのご時世なので、これはヒゲ脱毛を実施できるチャンスだ!と思って、人が殺到しているのかもしれません。

ありがたい事に無料の自販機があるので、待っている間は、無料の飲み物をいただくこともできます。

わたし
わたし

ミルクティーを飲みましたが、めちゃくちゃ薄かったです。脱毛クリニックにおいては、何事も「濃い」と言うのは許されないのかもしれません。

やがて、女性(受付と同じく綺麗目の人)に番号を呼ばれ、期待と不安が入り混じった気持ちでそのまま後をついて行くと、ベッドと機械がある施術室へ連れて行かれます。
てっきり医師の人と交代するのかと思っていたのですが、そのままその女性がヒゲ脱毛を実施しました。
棚に荷物とマスク、メガネを置き、ハンガーにコートをかけて、ベットに仰向けになります。
初回だったので、今回使用する機械、「メディオスター」の説明をしてくれました。

メディオスターによる施術

痛みについて

ます最初に顔にマーキングをし、この範囲を脱毛しますとしっかり説明してくれます。
施術範囲に同意すると、アイマスクを装着し、施術範囲に冷却ジェルを塗り、メディオスターを照射していきます。

照射する順番は、あご下から始まり、頬、唇の下、唇の脇、鼻下とちょっとずつ進めていきます。照射は同じ箇所を何度も往復する形で滑らせるように実施します。

痛みの種類としてはチクッとした強い痛みであり、お姉さんの「大丈夫ですか?」の優しい声がなければ、思ったよりもキツいと思いました。

わたし
わたし

正直大したことないだろうー。と少しナメていました。

「痛ければ、ちょっとずつ休憩しながらで大丈夫ですよ」と言ってくれますが、男たるもの弱音を吐くことはできません。
特に鼻下が1番痛みを感じやすく、しかもその痛みだけでなく、何やら焦げた匂いもするので、「え?これヤケドしてるんじゃない?」と勘違する程でした。

麻酔について

ちなみに痛いのが苦手な人は、麻酔を使うのも一つの手です。
ゴリラクリニックには2種類の麻酔があります。

笑気ガスによる麻酔 3,000円/30分
鼻に装着して、鼻から笑気ガスを吸います。酔って痛みの感覚が鈍くなった状態になり、痛み事態がなくなるわけではなく、痛みが気にならなくなるようです。

高濃度表面麻酔クリーム 3,000円/10g
塗ってから2、30分程待ってから髭脱毛を実施するようなので、少し時間がかかるのがデメリットです。

わたし
わたし

ちなみに自分は喘息持ちのため、「笑気麻酔」という救いの手は封じられています。
かといって麻酔クリームは時間がかかるので、できればやりたくないですね。

機械に関しては、主に「メディオスター」や「ヤグレーザー」があり、ヤグレーザーの方が効果がはっきりしている分、痛みが強いです。
お姉さん曰く、ヤグレーザーは「輪ゴムでバチンと弾かれる感覚」という感想を漏らすお客さんが多いとの事です。
メディオスターでも麻酔を使う人が結構いるみたいですが、ヤグレーザーは、約8割の人が麻酔を使うらしいです。

そんなヤグレーザーを次回、2回目の施術で、ブログのネタにしたいがために、麻酔なしで体験してみます。

施術後

照射完了後、肌が荒れないように、ステロイドの入った薬を脱毛した患部へ塗ります。
また、ヒゲ脱毛を実施した日は入浴や激しい運動、日焼け等を避け、今後はしっかり保湿する必要があります。
保湿しないと火傷のような容態(ニキビのようなものができてしまう状態)になるらしいです。

1回目の髭脱毛を実施して

思ったよりも痛かったと言うのが正直な感想です。我慢できなくはないけど、行くのが少し億劫になるような痛さです。
とは言え、次の施術まで最低2ヶ月は空けなければならないので、その痛みは幸いなことに忘れてしまいます。
その繰り返しで何とか凌げるのではないかと思われます。

ちなみに1回目の髭脱毛が終わった翌朝の様子。

わたし
わたし

うわ、何だか髭が濃くなっている!?

施術してくれたお姉さん曰く、炭化してしまった髭が抜けおちる前までには、1週間〜3週間ほどの時間がかかるようで、その間は通常より濃く見えてしまう時期があるようです。

そんな訳で、マスクが当たり前の今この時期に、ひげ脱毛を開始するのは理にかなっているのかもしれません。

それではまた2回目の施術が終わったら、記事にしたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました