【iPadOS15新機能】マルチタスク機能の効率的な使い方

こんにちは。モリケンタロウです。

 

先日iPadOSが15にアップデートされました。

今日はその中の一つ、マルチタスク機能のSplit ViewやSlide Overについて記事にします。

 

とくにマルチタスク機能を多用する方は是非参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

【iPadOS15新機能】マルチタスク機能の効率的な使い方

 

iPadOS15以前までは、dockにあるアプリをわざわざドラッグしてSplit Viewなどを行っていました。

 

これは実際ドラッグする際にアプリをうまく掴めなかったり、色々とストレスを受けることが多かった様に思えます。

 

しかしiPadOS15となり、これらの操作がより直感的に簡単に実施できるようになりました。

 

マルチタスク機能の使い方

アプリ上から実施する方法

現在立ち上げているアプリの上部に3つのドットの様なもの(マルチタスキングメニュー)をタップします。

小さなアイコンが表示されます。
左から「全画面表示」、「Split View」「Slide Over」となっています。

試しに真ん中のSplit Viewをタップしてみます。

すると立ち上がっているアプリは一旦画面の端に寄り、もう一つのアプリをホーム画面から選択します。

今回はMusicアプリを選択します。

 

たったこれだけの手順で、簡単にSplit Viewが実現できます。

 

さらにSplit Viewされたアプリからでもいつでも変更することができます。

仮にSlide Overを選択してみると・・・

 

この様に簡単にSlide Overに変更が可能です。

 

Appスイッチャーから実施する方法

Appスイッチャーからも簡単に実施することができます。

 

まず画面の下から中央付近まで指でスライドさせてAppスイッチャーを立ち上げます。

Appスイッチャーが立ち上がりました。

 

ここでSplit Viewしたい立ち上がっているアプリを、もう片方のアプリにドラッグさせます。

 

これだけで簡単にSplit Viewにすることができます。

まとめ

 

ということでiPadOS15で進化したマルチタスク機能を紹介しました。

実際にこの機能をフル活用できれば、相当効率的に仕事や作業ができる様になると思われます。

 

iPadOS15にアップデートされた方は、是非ご活用ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました