あなたの悩み、苦しみには解決方法がある【反応しない練習】

こんばんは。承認欲求の塊こと、モリケンタロウです。

今日は草薙龍瞬さんの著書「反応しない練習」についての記事を書きたいと思います。

きっと以下のことは、誰もが経験していることではないでしょうか?

・いつも生活に追われていて、心に余裕がない
・先のことを考えると、不安になる
・嫌なこと、不運な出来事、失敗が重なり、落ち込んでいる
・性格が合わない相手がいる。人間関係で、ストレスを感じている

これらは全て、自分の中の心の反応から始まっており、このムダな心の反応をしないようリセット・解消する方法をこの本に書かれている、ブッダの教えが示してくれます

ということで、私と同じく尽きることのない欲求により、人生を振り回されている方のため本の内容の一部を掻い摘んで説明します。

スポンサーリンク

あなたの悩み、苦しみには解決方法がある【反応しない練習】

ざっくり言うと、この本は
尽きることのない欲求により生み出される心の反応に振り回されて、悩み・苦しみ続けるこの人生。
そんな心の反応をブッダの教えに倣いリセットして、苦悩から自由となることを目指しましょう。その方法があります。
そして今この瞬間を、幸せを感じながら生きようぜと言っています。

結局幸福かどうかは、自分の内側、心しだいということです。

ではなぜ人は不幸なのでしょうか。悩み苦しむのでしょうか。
我々を苦しめる元凶は「求める心」にあるそうです。

そう、そもそも私たちは欲求に疑問を持たずに従うため、色々と求め過ぎなのです

苦しみを生み出す流れは、大まかにこんな感じになっています。

①まず求める心がある

②求める心が7つの欲求を生み出す

③この欲求にしたがい、心が反応を起こす

④心の反応により執着が生まれる

⑤悩み・苦しみが発生する

それでは掻い摘んで見てみましょう。

①まず求める心がある

大前提として、人間には求める心があります。この求める心が苦悩を生み出すことになりますが、ここで重要なのが、人間には求める心、苦悩があることをまず理解します。その上で、この苦しみは解決できる方法があると考えます。この苦しみは解決できる方法があるという認識が出発点です。

②求める心が7つの欲求を生み出す

7つの欲求とは「生存欲/睡眠欲/食欲/性欲/怠惰欲/感楽欲/承認欲」の7つです。
人はそれぞれの欲求により反応するようにできています。
特に「承認欲」というモンスターがあなたを苦悩の世界へと導きます。

③この欲求にしたがい、心が反応を起こす

ここで反応しない練習をすることが大切です。
反応から離れるために、心の状態を言葉で確認したり、体の感覚を確認することにより、反応から抜け出すことができるようになります。

心の状態を言葉で確認する

これはラベリングという手法で、「私は緊張している」「私は心がざわついている」「気力が落ちている」など、客観的に自分の心の状態を言葉で確認します。

同様に動作に関しても、ラベリングを行いましょう。
「私は今、掃除をしている」「今、歩いている」など、こちらの言葉で確認します。

こうして、心の状態、体の動作を客観的に確認する習慣を身につけるだけで、「反応から抜け出せる」ようになります

この言葉で確認する作業は、メンタルヘルスの基本として、おすすめだそうです。

体の感覚を意識する

目を閉じて、自分の体(手のひら、足の裏など)の感覚を見つめます。
呼吸しながら、「お腹の膨らみ、縮み」「鼻先を出入りする空気に感覚」を感じ取ります。

このように心の状態や体の感覚を、ただただ観察・理解し、ニュートラルに「ある」と客観的に理解します。(このような行いを、禅の世界では「念じる」、瞑想の世界では「マインドフルネス」と言います)

余談ですが、感覚で言えば、お風呂でちょっとぬるめのお湯に浸かりながら、全身の感覚に集中するのもおすすめです。
まるで自分の手足がお湯と一体化したような感覚(液体になって溶けたような感覚)となり、疲れが取れて、かなりリラックスできます。
また眠る1、2時間前に実施すると、ぐっすり眠れます。

④心の反応により執着が生まれる

執着は判断を生みます。
この判断は、主に承認欲の大号令の下、怒り、妄想、自己否定などに発展します。

私もこれにより生活をめちゃくちゃにされた過去があります・・・。

こちらも基本は③と同様、ラベリングによる「あ、妄想している」「あ、判断している」といった気付きや、目を瞑り、感覚の世界に立ち返ることでリセットします。

最後に

ブッダは求める心のまま、外の世界に拠り所を見つけることはできないと言います。
求める心のまま欲求を満たしても、また新たな欲求が発生し、満たされることは決してありません。(この状態を「渇愛」と言います)
そのため、私たちは欲求をただ満たすだけの人生ではなく、自分自身の心の内側に、正しい生き方、拠り所を見つけなければなりません

目指すべきは最高の納得だと言います。最高の納得とは「苦悩から自由になった心境」のことです。

そしてこの「最高の納得」を元に、今目の前のこの瞬間を精一杯生きることが、様々な苦しみを越えて、幸福になれる生き方となります。

私は未だに反応しまくりの生活を送っておりますが、それでも以前よりはふと「あ、今妄想しているな」などと気が付き、軌道修正ができるようになってきました。

瞑想についても、前までは2分と保ちませんでしたが、今は寝る前の習慣と化しています。
心の状態、体の感覚を確認する方法は、確かな効果があると実感しているので、今後も続けていこうと思っています。

ということで、今現状で悩み苦しんでいる方は、ものは試しで「反応しない練習」を手にとり、ブッダの教えを実践してみると、もしかしたら幸せになれる日が来るかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました