コスパ最強!楽天モバイルとマイネオの併用で通話、データ通信し放題

こんばんは。モリケンタロウです。

 

スマホのプランを1円でも抑えたい方に朗報です。

 

楽天モバイルとマイネオを組み合わせることで、月々1,265円で通話し放題、データ通信し放題の夢の環境が手に入ります。

 

どのようなプランの組み合わせで、そのような環境が実現するのか、詳しく説明します。

 

スポンサーリンク

コスパ最強!楽天モバイルとマイネオの併用で通話、データ通信し放題

 

①楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT VI」を契約

まずは楽天モバイルです。

 

楽天モバイルは通話用として用意します。

 

楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT VI」というプランに契約しましょう。

このプランは最初の1回線目に限り、データ通信が月1GBまでの料金はなんと0円となります。

 

 

そして「RakutenLink」アプリを使えば国内の通話はかけ放題に

 

このような破格の好条件のため、楽天モバイルを通話専用プランとして持っている方もたくさんいらっしゃいます。

 

楽天モバイルは常にお得なキャンペーンも実施しており、端末もポイントバックで実質タダで配っています。

今は契約事務手数料も解約料もかからないので、1回線は持っておいて損はありません。

 

というか、デメリットが存在していないので、契約しない理由はないと思います。

 

楽天モバイルはeSIMで契約しましょう

 

お使いのスマホがSIMカードを1枚しか挿せない場合は、楽天モバイルをeSIMで契約しましょう。

 

 

iPhoneの場合はSIMカードは1枚しか挿せませんので、eSIMで契約します。

 

②マイネオのシングルタイプ(データ通信のみ)1GB+パケット放題Plusを契約

次にマイネオです。

 

マイネオはデータ通信用です。

 

シングルタイプ(データ通信のみ)1GBの月額880円とパケット放題Plusの月額385円を合わせて月額1,265円でデータ通信が使い放題になります

 

このパケット放題Plusというオプションが肝です。

 

パケット放題Plusは速度制限をONにしても、1.5Mbpsの通信速度でデータ通信を行うことができます。

 

詳しくは下記の記事に書いていますが、この1.5Mbpsという通信速度はネット閲覧、メール、動画も重いものでなければ問題なく使用できます。

 

mineoのパケット放題プラスは通常利用に耐えうるか試してみた
こんばんは。モリケンタロウです。 先日mineoの契約をしました。 mineoは「パケット放題プラス」という、データ通信が1.5Mbpsで使いたい放題のとなるオプションを提...

 

マイネオのSIMに関してはA(au)プラン、D(ドコモ)プラン、S(ソフトバンク)プランが存在しており、それぞれのキャリアの回線を利用します。

これはそれぞれの生活環境にあったプランを選ばれると良いかと思います。

 

またマイネオに関しては、SIMは「nanoSIM」となります。

 

マイネオを契約する場合は、下記記事を参考に契約手数料を安く済ませましょう。

 

【知らなきゃ損!】マイネオ(mineo)の手数料を無料にする方法
こんばんは。モリケンタロウです。 最近mineo(マイネオ)に申し込んでみました。 理由はパケット放題プラスというオプションを試してみるためです。 (パケット放題プラスとは3...

 

設定方法

楽天モバイルの設定

 

eSIMの場合はQRコードをスマホで読み込めば良いだけなので、恐らく楽天モバイルの回線の方が先に完了すると思います。

 

まず楽天モバイルのサイトでQRコードを表示

 

次にスマホでQRコードを読み取ります(以下はiPhoneの場合です)

①「設定」をタップ

②「モバイル通信」をタップ

 

 

 

③「モバイル通信プランを追加」タップ

④カメラが立ち上がるので、①のQRコードを読み取る。

 

あとは画面の指示に従えば、お使いのスマホに楽天モバイルの回線が追加されます。

 

 

マイネオの設定

 

マイネオのSIMが郵送で届いたら、設定を開始します。

 

まずSIMを本体に挿し込んでから以下を実施します。

 

①「設定」の「モバイル通信」を選択します。

②「モバイルデータ通信」をタップ

 

③ここでマイネオのSIMを選択します。

※この後設定するマイネオのプロファイルで、「モバイルデータ通信」が楽天の回線になっていると、mineoのプロファイルが楽天回線と紐付いてしまって、データ通信できない状態になってしまいます。

 

④SIMと共に届いた冊子に記載があるQRコードからプロファイルをダウンロードします。

⑤ダウンロードが開始されたら、「許可」をタップ

 

⑦ダウンロードが済んだら、設定からダウンロードされたプロファイルを開き、インストールを開始します。



 

⑧インストールを完了させます。


 

モバイル通信設定

 

これでマイネオと楽天モバイルの回線が使えるようになりました。
※「au」となっているのはマイネオのAプランです。

 

 

 

あとはモバイル通信画面の設定です。

「モバイルデータ通信」をマイネオに、「デフォルトの音声回線」を楽天モバイルに設定しましょう。

 

 

これで、データ通信はマイネオ、音声通話は楽天モバイルとなります。

 

またマイネオのパケット放題を適用させるため、マイネオの設定でマイネオスイッチが「節約ON」となっていることを確認しましょう。(デフォルトでONになっているはずです)

 

 

 

わたし
わたし

これで通話し放題、データ通信し放題の最強の回線が出来上がりました!

 

 

デメリットについて

とは言え、良いことばかりではありません。

人によってはストレスとなる可能性もあるため、自分が感じたデメリットもあげておきます。

 

①RakutenLinkが繋がりにくい場合がある

 

最近のRakutenLinkの無料通話は、ほかの会社のSIMを使用する場合、若干繋がりがにくくなった気がします。

大事な電話の時は、データ通信も楽天モバイルにしてRakutenLinkを使用し、通話が終わったら、データ通信をマイネオに戻すという手もあります。

しかし電話をたくさん使用する人にとっては、場合によってはストレスとなる可能性があります。

②重いファイルを読み込む時は、時間がかかる時がある

 

パケット放題プラスの1.5Mbpsでも、私はそこまでストレスを感じたことはありません。

しかし、たまに読み込みが遅いと感じることもなくはないので、データ通信をヘビーに使う人には厳しいかもしれません。

(オンラインゲームをしたり、高画質の動画をみたり)

 

最後に

 

上記デメリットがあるとはいえ、月額1,265円で、必要十分と言えるくらいの品質で、通話、データ通信し放題の環境が手に入ると考えたら、個人的には最強の組み合わせなのではないかと思います。

電話もそんなにしないし、データ通信もそこまでヘビーな使い方をしていない人は、使ってみる価値はあると思います。

 

特に楽天モバイルはお金がかからないので、持っておいて損はないと思います。

 

 

 

わたし
わたし

なによりも、月々の携帯電話料金にお金をかけたくない人にはオススメします!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました