光回線の乗り換え手順は?キャンペーンを使ってお得に乗り換えよう。

こんばんは。モリケンタロウです。

 

今日はインターネットの回線(光回線)の変更手続きについて記事にしたいと思います。

 

光回線の事業者は山ほどありますが、基本的にどの事業者も新規契約時のキャンペーンがかなり大きいです。

 

方法は会社によって様々ですが、キャッシュバックだったり、月額から値引きされたりと、トータルで数万円以上の得をすることがほとんどです。

 

 

わたし
わたし

そのため、光回線をお得に使っていくには、都度、事業者を乗り換えて使って行くのが基本となります。

 

それでは実際の乗り換えの手順をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

光回線の乗り換え手順は?キャンペーンを使ってお得に乗り換えよう。

 

違約金について

 

光回線は基本的に2年〜3年間の契約期間という縛りがあり、その期間内で解約や事業者の変更を行うと10,000円程度の違約金が取られます。

 

しかし違約金を取られても、乗り換えた方が結果的にお得になることも多々ありますので、検討する価値があります。

 

もし現在お使いの事業者が今違約金不要期間だとしたら、即座に乗り換えることをお勧めします

 

違約金不要期間についてですが、現在契約している事業者から下記のようなメールが送られてきました。

 

このように違約金不要期間が来たらチャンスです。

すぐに事業者変更を実施しましょう。

 

 

わたし
わたし

ちなみのこの違約金不要期間を過ぎてから解約や事業者変更をすると、問答無用で違約金が取られてしまいます。

 

乗り換え元の手続き

 

実際に乗り換えることを決めたら、まず現在の事業者で事業者変更(転出)の手続きを行います。

事業者変更を実施するには「事業者変更承諾番号」を取得する必要があります。

 

わたし
わたし

携帯電話のMNPと同じような感じですね。

事業者変更承諾番号の発行

 

やり方はその事業者によって様々だと思われますが、基本は電話で申し込みをすることになるでしょう。

詳しくは今使っている事業者のサイトで、やり方を確認していただきたいのですが、ここでは私が使っているBIGLOBE光の場合で説明します。

 

 

サイトを確認すると、どうやら電話による申し込みが必要なようです。

 

電話をしたら事業者変更(転出)したい旨、伝えます。

後はオペレーターの方が、本人確認を実施後、注意事項や料金の話をしてくれます。

 

そして恐らく、何かしらの方法で引き止められる可能性があります。

私はキャンペーンで月額からいくらか値引きする提案をいただきました。

しかし、乗り換えのキャンペーンの方が絶対にお得になるので、提案に惑わされないでください。

そのまま粛々と事業者変更(転出)手続きをお願いしましょう。

 

電話による事業者変更の申し込みが終わると、受付完了メールと、「事業者変更承諾番号」と「お客さまID」が書かれたメールが届きました。

 

このように事業者変更承諾番号が確認できたら、早速新しい事業者に光回線を申し込みを行いましょう。

 

乗り換え先の手続き(光回線を申し込む)

 

その時々のキャンペーンや条件によって乗り換え先を決めることになります。

 

私は楽天モバイルを使っているので、今回は「楽天ひかり」を契約することにしました。

楽天ひかりは楽天モバイルを契約していると、月額基本使用料が1年間無料となります。

 

ちなみに楽天ひかりはマンションタイプだと4,180円です。

4,180円 X 12ヶ月 = 50,160円

50,000円以上無料となるので、この場合は違約金を払ってでも乗り換えた方が結果的にお得になります。

 

乗り換え先の手続き方法

 

それでは実際に事業者変更で楽天ひかりに申し込んでみます。

 

①楽天ひかりのサイトにアクセスして、申し込みを実施します。

 

②現在の利用状況を入力していきます。

 

③事業者変更承諾番号を入力する項目があるので、メールに記載されている「事業者変更承諾番号」を「CAF番号(お客さまID)」を入力の上、先へ進めます。

 

④画面に従い、申し込みが完了させます。

 

⑤すると、下記のような利用開始日が記載されたメールが届きます。

 

 

 

 

⑥確認事項がある場合は、下のメールのように、連絡する旨と希望日時を入力するメールが届きます。

 

右側に入力する内容

 

⑦指定した日程で、事業者(楽天)より電話がきます。

この電話は、工事日の調整と注意事項などの電話です。

結果、工事日は最初のメールに記載されていた日程で行われるようです。

 

⑧郵送されてくる「アカウントのお知らせ」の内容に沿って、工事予定日の後、インターネット接続の設定します。

今使っている機器にもよりますが、特に交換も不要なようです。

 

これで今まで通り、インターネットが使えるようになります。

 

まとめ

 

以上が光回線の乗り換えの手順です。

 

まとめると

 

①乗り換え元で事業者変更承諾番号を発行する。

②事業者変更承諾番号を使って、乗り換え先で新たに光回線を申し込む。

 

これだけです。

 

ただ一点注意点があります。

 

楽天ひかりには8月19日に申し込みましたが、実際に開通するのが9月20日となります。

このように乗り換えが完了するまでにはそれなりに時間がかかります

結果、その間に違約金不要期間を過ぎてしまう恐れもあります。

 

 

わたし
わたし

こうなると違約金を払うしかありません・・・。

 

このような事にならないよう、違約金不要期間に入ったら即乗り換えることをお勧めします

 

また違約金不要期間でない方も、結果的にお得になることが多いのです。

同じ事業者のまま何年も契約して使っている方は、是非キャンペーンや特典を使って、お得に乗り換えましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました