節約のコツは?支出を抑え、お金を増やすための基本【節約術】

こんばんは。モリケンタロウです。

 

先日退職届を提出し、しばらく懐からお金が出ていってしまいます。

なので、出て行くお金を少しでも抑える必要があります。

 

と言う事で、良い機会なので「節約」について改めて考えてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

節約のコツは?支出を抑え、お金を増やすための基本【節約術】

 

先日「バビロンの大富豪」という書籍を読み、節約について再認識しました。

 

その他さまざまな書籍でも言われていますが、お金を貯め更に増やしていく為には、まず支出を抑えることから始める必要があるようです。

 

気をつけていないと、不思議なことに収入の大小は関係なく、収入と支出は同じバランスになってしまうようです。

なので、お金を増やすための節約については、以下の3点を頭に入れておく必要があります。

 

稼いだものは、一部を自分のものとして取っておく

 

財布に十枚のコインを入れたなら、使うのは九枚まででやめておくことが大切です。

今で言うと収入が20万円だった場合、最低でも2万円は使わずに取っておけと言うことです。

 

ちなみに私はあまりお金を使わないタイプの人間です。

なので給料日を気にした事がありません。

これは実践できていると思います。

ちなみにお金にはあまり興味がありませんが、お金によって手に入る自由に興味があります。

と言うか、どうしてもその自由が欲しいです。

 

そうして貯めたお金は、投資に回し、お金がお金を生むという形にしなければ大きく増えていかないと書かれています。

事実その通りだと思います。

わたしは、つみたてNISAでコツコツと投資を続けていきたいと思います。

 

必要な経費と自分自身の欲求を混同しない

 

すぐに手に入るけど、消えてしまうもの。

すなわち毎日の欲求を都度満足させること。

そう言ったものを少し控えろと書かれています。

 

たとえコイン一枚でも、お金を使う時には、それが100%使う価値のあるものでなければならないということを、肝に銘じておく必要があります。

実際、これについては改善の余地が多々あるように思えます。

 

例えばスナック菓子など。

これは100%使う価値があるかどうかで言えばかなり微妙です。

ただ食べたいという欲求に対して甘やかしていると、どんどんつけ上がってくるのでやめた方がよいでしょう。

逆に食べないと集中できないと言うなら、ある程度は仕方ないと思いますが・・・。

 

ちなみに私は自宅では集中できないため、カフェで学習などを行っています。

しかし、これが本当に必要経費かと言われれば違うような気がします。

自宅を集中できる環境に変える事が出来ないか検討してみる必要がありそうです。

もしこれが成功すれば、カフェに行くお金が丸々節約できます。

支払っているのは、すべて自分以外の相手

 

これについては、はっとさせられました。

確かにお金は、自分を通り抜け、食べ物や着るものなどを提供してくれた生産者のもとへ流れていきます。

お金が自分を経由する時、ささやかな欲求を満たしてはくれますが、実際この欲求というものは消えることはありません。

これでは食べ物と着るものをくれる主人のために働く奴隷と変わらない。

他人のために汗水垂らして働いている。

そんな事がこの本に書かれていました。

 

お金を使う目的にもよると思いますが、確かにそうだと思いました。

まとめ

 

汗水流して得たお金は、ほとんど他者へ流れていると言う事実を認識し、得たお金の10分の1はとっておく。

そしてお金がお金を生むものに投資する。

 

必要以外の欲求の解消のためお金を使うのは避け、節約を試みる。

お金を払う時、たとえ100円でも、これはその価値があるものなのかと自問する。

 

これをしっかり認識できれば、節約はそんなに難しいことではないと思われます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました