簡単!iPadのバッテリー交換依頼方法の手順

こんばんは。
Apple製品が大好きだけど、なぜかApple製品と相性が悪い、モリケンタロウです。

先日Apple Watchのバッテリー持ちが悪くなったので交換してもらいましたが、今度はiPadのバッテリーの減りが早くなってきましたので、こちらもバッテリー交換をお願いしてみました。

ちなみにバッテリー交換と言っても、本体ごとの交換になりますのでシリアル番号等違うものが送られてきます。

しかし、新品同様品が送られてくるので、かなり嬉しいです。

実はiPadに関しては修理は2回目で、前は筆圧感知の問題で修理に出して、交換しました。(結局Apple Pencil側の筆圧に問題がありましたが・・・)
その時も感じましたが、新しく買った時のワクワク感が一瞬味わえます。

基本的なバッテリー交換依頼の流れは、どのApple製品であれ、ほぼ同じですが、今回はiPadバージョンを記事にします。

スポンサーリンク

簡単!iPadのバッテリー交換依頼方法の手順

修理の依頼

①まず検索エンジン(Google等)で「アップル サポート」と検索し、ヒットしたAppleサポートサイトの「Appleの修理オプション」をタップし、画面下部にある「修理を申し込む」をタップします。

②該当のApple製品と症状を選択します。今回は「iPad」と「バッテリーと充電」をタップ

③症状の詳細と修理方法を選択します。今回は「バッテリーの修理が必要」をタップし、配送修理を依頼します。

④手持ちのApple製品が登録されている場合は、下記のような製品一覧画面になるので、該当の製品を選択します。(登録していない場合は、シリアル番号を入力します)
製品を選択すると配送先情報を入力する画面になるので、必要事項を入力します。

⑤配送先情報を後に、配送希望日を入力し「続ける」をタップ、下記のような見積金額が表示されます。金額を確認したら、「iPadを探す」をオフにしましょう。

⑥設定アプリを開き、下の画像のように最上部の顔の様なマークがある「Apple ID」、「探す」をタップします。

⑦「iPadを探す」がオンになっている場合は、Apple IDのパスワードを入力し、「オフにする」をタップします。

⑧iPadを探すをオフにしたら先程のサポートサイトに戻り、「「iPadを探す」をオフにしました」をタップします。
すると下の画像の様に「「iPadを探す」がオフ」をなり、先に進むことができます。

⑨利用規約の同意にチェックを入れて、「送信」を押すと修理依頼が完了します。
概要が表示されるので、確認しておきましょう。

少し時間を置いて、確認メールが届きます。

配送準備

修理依頼の確認メールが届きましたら、iPadを初期化します。

①「設定」アプリ → 「一般」 → 「リセット」 → 「すべてのコンテンツと設定を消去」の順にタップします。

現在の設定や各種データのiCloudへのバックアップが開始されますので、必ず「アップロードを完了してから消去」を選択します。(これをしないと後で復元できなくなります)

下記バックアップ対象をご確認ください。
写真や各種アプリのデータ等、ほぼ全てバックアップの対象となりますので、交換品が届いてバックアップから復元を実行すれば、ほぼ交換前の状態に戻すことができます。

指定した配達日に宅配業者が専用の箱を持って来ますので、iPad本体のみ宅配業者へ渡してください。(仮に付属品をつけた状態で送ってしまった場合、返ってきませんのでご注意ください)

交換品の設定

交換品が届きましたら、箱から開封しましょう。
また新品のiPadを開封できる体験ができるので、ちょっとお得な気分になります。

交換品専用のケースに入っています。
売り物ではないこのような箱も、しっかり作っているあたりにAppleのこだわりを感じますね。

iPadの電源を入れて、クイックスタートを開始します。
基本画面に従って、操作すれば簡単に設定できますので一部だけ載せておきます。

iPadにiPhoneを近づけるとiPadの画面にモヤモヤが発生しますので、下の画像の様に、モヤモヤをiPhoneのカメラの円に収めます。
上手くいかない時は手動で設定する形になりますが、Wi-Fiの設定等面倒な手順が増えるので、できればモヤモヤをカメラに収めましょう。

この後は交換前に実施したiCloudからのバックアップ復元、各種設定(Face IDやApple Pay等)、画面に従って操作するだけで、設定が完了します。

最後に

上記設定が完了すれば、ほぼ交換前の状態に戻すことができますので、後は細かな設定を行いましょう。(主にSNS等アプリのログイン設定など)

ちなみに今回、16日に宅配業者がiPadを持って行ってから、18日には交換品のiPadが届きましたので、Appleは1日で診断を実施し、すぐさま発送手続きを行なった事になります。

恐るべきスピード感・・・

以上がiPadを修理交換する場合の手順です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました