通勤するなら電車からバスに切り替えると快適になります!

こんばんは。モリケンタロウです。

 

今日は通勤にバスを使うメリットについてお伝えしたいと思います。

 

私は毎日、バスで会社に通っています。

そして毎回、電車に比べてつくづく快適だなぁと思っています。

そう、バスは電車よりも快適に使えるメリットがたくさんあります。

 

スポンサーリンク

通勤するなら電車からバスに切り替えると快適になります!

バスの利点は以下の通りです。

 

・フットワークが軽い

・区間内であればどこにでも行ける。

・人が比較的少ない。

・事故で待たされる可能性が低い。

ひとつずつ見ていきましょう。

フットワークが軽い

 

これは電車に比べてかなり良い感じです。

まずバス停が駅より多く点在しているので、自宅からバス停まで近い人は、かなり融通が効きます。

 

電車の場合は駅まではもちろん、駅の中でもそこそこ歩かされます。

バスは、バス停でさっと乗って、さっと降りて、さっと目的地に向かう、かなりフットワークが軽い動きが可能になる交通手段だと思います。

 

区間内であれば、どこにでも行ける

これは私が使っているバスの行ける範囲を示した案内図です。

 

定期を購入していれば、同じバス会社の区間内であれば、どこへでも行く事ができます。

これはかなり大きいメリットです。

 

電車にはこれほどの自由度はありません。

私が利用しているバス会社は、案内図のように、さまざまなところまで路線を広げており、どこへでも追加料金なしの定額で行き放題です。

行こうと思えば本当に色々なところへ遊びに行く事ができます。

 

人が比較的少ない

 

これは乗っているバスにもよりますが、私が乗っているバスは電車のように混みあったりはしないです。

人口密度で比べると、バスの方が少ないような気がします。

 

またその為、座れる確率も高いです。

 

事故で待たされる可能性が低い

 

電車は事故が起きた場合、線路が一つなので、何時間も待たされたり、振替乗車が実施されたりします。

事故が起これば致命的な遅れが発生します。

また都内であれば、事故も起こりやすいです。

 

それに引き換え道路を利用しているバスは、滅多に事故が起こりません。

あのホームに人が溢れかえるような経験はほぼ皆無と言っていいでしょう。

 

デメリットについて

 

バスの良さをわかっていただけたと思いますが、ここでデメリットもお伝えします。

 

時間通りに来ない場合が結構多い

 

これはバスの宿命ですが、道路の混み具合によってすぐに遅れが発生します。

というか大体遅れていると思ってもらって良いと思います。

ただ遅れているバスが丁度来たりするので、結果早く乗れるなんてこともざらにあります。

時刻表はあくまで目安と思っていれば良いです。

そしてバスがあと何分で来るかわかるアプリなどがあれば、まったく問題ありません。

 

乗り物酔いする場合がある

 

私は乗り物酔いしやすいタイプなので、バスで何かを読んだりする事ができません。

同じく乗り物酔いしやすい人は、なにかをスマホなどで作業するのは難しいかもしれません。

 

わたし
わたし

私は基本的に音声メディアを利用しています。

とにかく電車よりは確実に酔いやすいので注意が必要です。

 

渋滞に巻き込まれると遅れる

 

仮に時間通りバスが来ても、その先で渋滞に巻き込まれると普通に遅れます。

 

電車の場合は正確な時刻に着きますが、バスはそういうものだと思って、少し早く家を出るなどの保険を打っておきましょう。

 

まとめ

 

家から電車で会社に通っている方、一度自宅の近くにバス停がないか、職場の近くにバス停がないか調べてみてください。

同じバスでそれぞれに近い場所にバス停があるなら、迷わずバスに切り替えた方が幸せになれます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました