HEIC形式の画像をJPGへ変換する方法【アプリは不要です】

こんばんは。モリケンタロウです。

 

iPhoneで撮影した画像を別の場所で使おうとした場合、うまく開けなかったり、対応していない事が多々あります。

これはiOS11以降のiPhoneで写真を撮ると、「.heic(ヘイク)」と呼ばれる拡張子で写真が保存されるようになった影響です。

この拡張子に対応していないアプリケーションでは、この画像ファイルを開くことはできません。

この場合、写真を開くことができる形式に変換する必要があります。

ということで余計なアプリがいらず、手軽にWEB上でJPEGなどに変換できる方法をお伝えします。

スポンサーリンク

HEIC形式の画像をJPGへ変換する方法【アプリは不要です】

HEIC形式の画像ファイルは、下記のサイトで手軽にJPEGたPNGファイルへ変換することができます。

 

 

やり方はとても簡単です。

 

サイトにアクセスする

サイトの画面に変換したいHEIC形式の画像ファイルをドロップする。

ファイルが読み込まれていることを確認し、「変換」をクリックする。

ちなみに下の画像の様に、さまざまな形式に対応しています。

変換をクリックすると、ファイルの変換が始まります。ファイルの重さにもよりますが、数秒で変換が終わります。


 

無事変換が完了しました!

あとは「ダウンロード」をクリックすると、ダウンロードフォルダに保存されます。

以上が変換の手順となります。

注意点

 

無料で使う場合は、一度に2ファイルの変換、一日10ファイルの変換までしか対応していません。

10ファイル以上変換する場合は、別のサイトを利用するか、お金を払って制限を解除する形となります。

 

最後に

 

もしお使いのアプリケーションがHEIC形式に対応していない場合は、上記の方法で簡単に変換することができますので、お試しください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました