iPhoneやiPadを購入する際のオススメの容量選び【本体容量vsクラウド】

こんばんは。モリケンタロウです。

iPhoneやiPadを購入する際の容量選びについてお話しします。

結論から言うと、64GBでは少ないですが、128GB程度あれば問題無いかと思われます。(重たい動画を常に本体に入れておきたい人は別ですが・・・)

なぜなら、オンラインストレージサービスを使った方が、いろいろと利点があるからです。

ではどんな利点があるのでしょうか。

スポンサーリンク

iPhoneやiPadを購入する際のオススメの容量選び【本体容量vsクラウド】

どの端末でも即座に共有できる

iPhone、iPad、Macその他端末で写真を撮ったり、ファイルを編集したら即座にクラウドに保存され、別の端末でも最新の状態で共有されるので、データを移す手間がかかりません

例えば会社でMacなどで資料を作成し、帰りの電車でiPhoneで作業の続きをする事も可能。

いつでもどこでもネットさえ繋がっていれば作業ができるのは素晴らしいですね。時間を有効的に使えます

自動でバックアップ

たとえスマホをなくしたり壊れてしまっても、データはクラウドに保存されているので、新しいスマホを買ってログインすればすぐ元の環境に戻せる。LINEトーク履歴なども保存可能です。

そして安い

ここでは僕がメイン使っている「iCloud」で説明をします。

プランを見てみましょう。

容量/月額

5GB/無料

50GB/130円

200GB/400円

2TB/1300円

僕は50GBを契約していますが、1ヶ月130円。ジュース代くらいです。

ちなみにこの50GBがオススメです。

なぜかと言うと、ほとんどの事はこの50GBで事足りるし、実は容量の大きい端末を買うよりもストレージサービスを利用したほうが割安だからです。

ほとんどの方は、スマホやタブレットを大体2、3年周期で買い換えると思います。

50GBの場合、2年で3120円しかかかりません

(130円×24ヶ月=3120円)

3年でも4680円です。

実は容量の大きい端末を買うより、iCloud契約の方が安い

ということで結論

クラウドをメインのデータ保存場所として使う方が利便性が良いので、本体のストレージはバックアップ的な使い方になると思います。であれば外付けHDDとかに移してしまえば、そんなに容量は不要ではないかと思います。

なので、本体はそこそこの容量のものを選び、その浮いたお金でクラウドのストレージを増やすやり方が1番オススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました