Macの標準機能でHEIC形式の画像をJPEGへ変換する方法

こんばんは。モリケンタロウです。

 

iPhoneやiPadなどで撮影した画像をMacへ移して使おうとした場合、うまく開けなかったり、表示できない事があります。

 

WordPressの編集画面。

 

これはiPhoneやiPadで写真を撮ると、「.heic(ヘイク)」と呼ばれる拡張子で写真が保存されるためです。

この拡張子に対応していないアプリケーションでは、この画像ファイルを開くことはできません。

この場合、写真を開くことができる形式に変換する必要があります。

 

ということで余計なアプリを使わず、Macの標準機能でJPEGなどに変換する方法をお伝えします。

 

スポンサーリンク

Macの標準機能でHEIC形式の画像をJPEGへ変換する方法【アプリは不要です】

HEIC形式の画像ファイルは、Macの標準機能でJPEGやPNGファイルへ簡単に変換することができます。

 

変換方法

変換したいファイル上で副ボタン(右クリック)を実行してメニューを表示します。

 

メニューから「クイックアクション」→「イメージを変換」を選択します。

 

イメージ変換の画面が表示されます。

 

フォーマットはJPEG、PNG、HEIFに変換可能です。

 

「画像サイズ」で画像のリサイズも可能です。

 

フォーマットと画像サイズが決まったら変換を実施します。

わたし
わたし

ちなみに「メタデータ」は写真を撮影した機種の情報や撮影時の設定、位置情報などのデータのことです。

もし不要であれば「メタデータを保持」のチェックを外してから変換します。

 

これで新たにJPEGの写真が作成されました。

 

試しに変換したJPEGファイルを読み込ませると、ちゃんと画像が表示されました!

 

iPhoneやiPadの写真を最初からJPEGで保存する

そもそも写真を撮った時に、最初からJPEGで保存してほしいんだけどな・・・。

わたし
わたし

そのように設定すれば、可能ですよ!

 

もし変換の手順が面倒な場合は、最初からカメラのフォーマットを「JPEG」にすることが可能です。

 

設定方法

お手持ちのiPhoneまたはiPad の「設定」アプリから「カメラ」を選択します。

 

「フォーマット」を選択します。

 

「互換性優先」を選択すれば、以降画像がJPEGで保存されます。

※4Kビデオなどが撮りたい場合は「高効率」を選択しておく必要があるので注意が必要です。

 

最後に

以上、HEIC形式の画像を、Macの標準機能を使ってJPEGなどの形式に変換する方法をお伝えしました。

余計なアプリなどは不要で手軽に変換できるので、お使いのアプリケーションなどがHEIC形式に対応していなくてお困りの方は、是非お試しください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました