MacBookのアップデートでエラーになってしまった場合の対処法

こんばんは。モリケンタロウです。

 

先日MacOSをアップデートしようとしましたが、途中で外に持ち出してしまったため、エラーが発生しました。

 

外出前にアップデートを実施してしまい、同じような目にあった方は参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

MacBookのアップデートでエラーになってしまった場合の対処法

 

Macを立ち上げると、なぜか復旧モードとなり、OSを再インストールをするよう促されました。

 

 

ということで、再インストールの手順を画像で説明します。

 

まず電源を繋ぎます

繋がないとインストールできません。

 

 

MacOSを再インストールします。

 

 

Wi-Fiに自動的に繋がれないので、自分でもう一度お使いのWi-Fiを選択して、パスワードを入力する必要があります。

 

ソフトウェアの使用許諾契約に同意します。

 

もう一回同意するかどうか聞かれますので「同意する」を選択。

 

OSをインストールするディスクを選択してくださいと言われる場合は、「Macintosh HD」を選びます。

 

選択したら「続ける」をクリック。

 

ユーザーが選択されているので、Mac本体のパスワードを入力します。

 

 

インストールが開始されます。

 

わたし
わたし

残り時間、さ、3時間・・・!?

 

長い戦いになると思いきや、残り時間がいきなり1時間になったりしました。

 

残り後少し!

 

ここまで大体30分位。再起動が始まる。

 

再起動が終わると、また本体のパスワードを聞かれるので入力する。

 

 

わたし
わたし

うわ!何だこの危険な色合いの赤いバーは!

 

ゲージがマックスになると爆発するかのような色合いなので、無駄にドキドキします。

 

結構長く待って、ようやく見覚えのある壁紙が表示されました。

 

 

再インストールというくらいだから、下手したらローカルにあるファイル全部消えているんじゃ?と思いましたが、ファイルはちゃんとそのまま残っていました。

 

 

今回の再インストールにかかった時間は約40分でした。

 

ちなみに再インストール後、なぜか文字が一切打てないという現象が発生してしまいました。

メモ帳を開いても、ブラウザを開いても文字が打てません。

よくわからないのですが、「Google日本語入力」をインストールしていたので、試しに「Launchpad」の中にあるGoogle日本語入力のアイコン2つをクリックしてみました。

 

 

 

すると、「Rosetta Stone」をインストールしてねと言われたので、インストールしたところ、無事文字入力ができるようになりました。

 

Rosetta Stone」をインストールしていない状態だったので、この辺のアプリが動いていなかった可能性が高いです。

最後に

 

以上がアップデート時にエラーが起きてしまったときのOS再インストール方法です。

同じような事が起きて困っている方は、参考にしてみてください。

 

そして教訓として、どこかに出かける前にアップデートを実施するのは辞めましょう。

 

 

わたし
わたし

やはり夜寝る前に実行するのが良いですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました