【ライブリスニング】聴覚アイコンでできる事は?【iPhone】

こんばんは。モリケンタロウです。

 

先日、ふと気がついたらiPhoneのコントロールセンターに見慣れない耳のアイコンがありました。

 

調べてみたところ、このアイコンは「アクセシビリティ」の「聴覚」という機能で、iPhoneとBluetoothで接続したAir Podsなどで聴覚に関するサポートを受けることができます。

この耳の形の「聴覚」アイコンで実際に音に関する操作をすることができます。

 

それでは具体的に何ができるのか見てみましょう。

 

スポンサーリンク

【ライブリスニング】聴覚アイコンでできる事は?【iPhone】

 

 iPhoneと接続されたAirPodsを装着して、コントロールセンターから耳の形の「聴覚」アイコンを開くと、「バックグラウンドサウンド」や「ライブリスニング」などの機能が使用できるようになります。

 

ちなみにアイコンがない場合、設定の「コントロールセンター」で「聴覚」という耳のアイコンの「+」マークをタップすると、コントロールセンターに追加できます。

設定アプリをタップ

「コントロールセンター」を選択

「コントロールを追加」の項目から「聴覚」を+ボタンで追加

これでコントロールセンター」に「聴覚」を追加することができました。

ちなみにコントロールセンターはiPhoneの右上から下にスワイプすると表示されます。

「聴覚」の機能について

 

コントロールセンターで「聴覚」アイコンをタップすると、使っているイヤホンに対応する機能が使用できます。

ちなみに下の画像はノーマルのAir Podsの場合です。

 

Air Pods Proをお使いの方は、「外部音取り込みモード」など、そのイヤホンに応じた項目が追加されます。

 

ここでは基本の「ヘッドフォン音量」と「バックグラウンドサウンド」と「ライブリスニング」について説明したいと思います。

 

ヘッドフォン音量について

 

再生中の音楽の音量を測定することができるようになっています。

音量を上げるにつれてdB(デジベル)が上がっていき、緑、黄色といったように視覚的に音の大きさを教えてくれます。

ここで程よい音の大きさに調整することができます。

 

バックグラウンドサウンド

 

この機能は雨の音や川のせせらぎなど、癒し系の音やホワイトノイズなどを流して外部の雑音を軽減することができます。

 

これにより、今聴いている音や目の前の作業に、より集中してすることができます。

 

自分はApple Musicなどで日常的に自然の音を聞いているので、これを単体で使うことのメリットはあまり感じられませんでした。

もちろん音声系のサブスクリプションに契約していない方は、雑音を消す、もしくは癒しとしてこれらを単体で聴くのもありです。

ですが、このバックグラウンドサウンドの良いところは、今聴いている音楽や音声とともに流すことができるという点です。

一般的な音楽と共にこの機能を使うのは少し違和感があり正直邪魔ですが、音声メディアなどのトークや英語のリスニング音源とともに使うと、とても効果的です。

 

カフェなどで周囲の雑音を消して、今聴いている音に集中することができます。

 

要は学習や作業に集中するための機能といった感じです。

 

ライブリスニング

 

この機能は音声を聞き取りにくい人のためのサポート的な役割として用意されています。

ということで「補聴器」という視点で1日Air Podsをつけてみました。

 

以下、感想です。

iPhoneのマイクで拾った音をAir Podsで聞くだけの話ですが、結構いい感じに音を拾ってくれました。

Air Podsを通して聴こえる音には、ほんの少し遅延がありますので、普通に耳で声がよく聞き取れる場所で使った場合は、逆に相手の声が少し聞き取りづらくなる可能性があります。

しかし、iPhoneのマイクで音を拾うため、iPhoneさえ置いておけば、距離が離れようがバッチリ聞こえます。

iPhoneとAir PodsがBluetoothで繋がる範囲内であれば、その場にいなくても声を聞くことができます。

なので、例えば洗い物などの家事をしながら家族の会話を聞きとったり、別の部屋にいながら子供の声を聞くなど、さまざまな形で利用することができそうです。

 

ちなみにライブリスニングを使用している場合は、「ヘッドフォン音量」は取り込む音の大きさになります。

 

まとめ

 

ということでコントロールセンターの「聴覚」アイコンの基本的な使い方についてご説明しました。

 

個人的なお気に入りは「ライブリスニング」です。

少し距離が離れていても会話を理解することができるという点において、可能性を感じます。

 

皆様も是非コントロールセンターの「聴覚」アイコンを使いこなして、快適な「音」を手に入れましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました