Apple Pencilの修理、もしくは買い替えを安く済ませる方法

こんにちは。モリケンタロウです。

 

iPadとセットで使用している方も多いApple Pencil。

いざ故障してしまった場合は、修理交換にせよ買い換えるにせよ、それなりに出費がかかります。

そこで今回は、少しでもお得にApple Pencilを修理交換、もしくは買い替えする方法をお伝えします

 

製品の保証期間内の場合

Apple Pencilは購入してから1年間は製品保証が付いています。

また、iPad で「AppleCare+ for iPad」に加入されている場合は、Apple PencilもそのAppleCareに紐つけられるので、製品保証が2年間に延長されます。

この期間内であれば、もともと安く修理ができるので、あれこれ考えずそのまま修理交換の依頼をして問題ありません

保証期間やAppleCareの加入有無がわからない場合は、以下のサイトから確認できます。

 

 

わたし
わたし

保証の条件などは、以下の記事をご確認ください。

 

 

 

Apple Pencil(第一世代)をお使いの方

以前Apple Pencil(第一世代)の充電、接続できない場合の対処法を書きました。

 

わたし
わたし

第一世代をお持ちで、まだ試されていない方は、まずこちらの記事をご確認ください。
場合によっては復活する可能性があるかもしれません。

 

この手順を試してもうまくいかない場合は、修理、もしくは買い替えをする必要がありますので先へ進みましょう。

 

わたし
わたし

ということで、本記事は保証が切れてしまったApple Pencilの費用をなるべく安く済ませる方法ということで、お伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

Apple Pencilの修理を安く済ませる方法【基本的な流れ】

基本的な流れはApple Pencil第一世代、第二世代共に変わりません。

  1. バッテリーの問題かどうか確認してもらう。
  2. バッテリー修理の場合は3,520円でそのまま修理を依頼する。
  3. 本体修理の場合は、新品を買い直すか、そのまま修理を依頼するか検討する。
  4. 新品を選択した場合、故障したApple Pencilをジャンク品として3,000円〜4,000円前後でフリマに売る。
  5. 売ったお金を足しに、新しくApple Pencilを購入する。

 

わたし
わたし

それではひとつずつ見ていきましょう!

バッテリーの問題かどうか確認する

まず最初にすべきは、故障の原因がバッテリーの問題かどうか確認することです。

もしバッテリーの問題だと診断されれば、Apple Pencilの第一世代、第二世代共に3,520円で修理が可能です。

しかもバッテリー交換とは言いつつ、実質新品と交換となります。

 

わたし
わたし

以前、私は10本のApple Pencil(第一世代)を修理に出して、その内4本が3080円(当時の修理価格)で修理交換できました。

なので、確認する価値はあると思います。

 

ちなみに修理交換したApple Pencilには保証が90日しかつきません
もしどうしても1年保証が欲しい場合は、買い替えを選択しましょう。

 

修理(診断)の依頼をする

まず下記のサイトにアクセスします。

 

サイトにアクセスしたら、「もっと見る」という項目を選択します。

 

ここに「Apple Pencil」という項目がありますので、選択します。

 

「続ける」を選択

 

「持ち込み修理」を選択します

 

配送修理について

 

配送修理はできないのですか?

 

わたし
わたし

Appleサポートの方に聞いてみましたが、配送修理を希望したい場合、電話で詳しい状況をヒアリングの上、受けてくれることもあるみたいです。

 

「持ち込み修理」の項目からページを下にスクロールすると、「お問い合わせ」があるので、配送修理でなければ厳しいという方は、電話で選択してサポートの方にご相談ください。

 

 

AppleIDにサインインします。

 

修理を受ける店舗を選択します。

 

店舗を選択すると受付可能な日時を指定できるので、ご都合の良い日時を選択してください。

 

電話番号を入力して、「続ける」を選択

 

内容を確認して「今すぐ予約」を選択すれば予約は完了です。

 

ちなみに少し前はビックカメラ等正規プロバイダで修理を受ける場合、修理料金がAppleストアより割高になっていました。

しかし、実際に正規プロバイダの店員さんに確認したところ、今ではストアと同じ値段になっているようなので、修理する場所はストア以外でも大丈夫です。

 

店舗にApple Pencilを持ち込む

予約が完了したら、実際に指定した日時に故障したApple Pencilを持って店舗へ向かいます。

 

受付の方に、「Apple Pencilのバッテリー修理の予約をしていた〇〇です。」と話しかけましょう。

後の流れは基本的に店員さん任せてOKです。

店舗にあるiPadの実機で動作検証等を行い、診断を受けます。

ちなみに、この時担当してくれた店員さんの判断で修理代金が違ってくる可能性が高いです。

ここで「バッテリー修理」の診断が下れば、めでたく3,520円で修理が可能です。

迷わず修理をお願いしましょう。

 

わたし
わたし

Appleストアであれば、店員さんがその場で新品のApple Pencilを持ってきてくれました。

 

「バッテリー修理」ではなく、「本体修理」の診断が下れば、修理代金はApple Pencil第一世代は8,690円、第二世代は13,420円となります。

 

うーん、結構高いですね・・・

なんとかなりませんか?

 

わたし
わたし

この時に出た診断は、ゴネてもほぼ覆りません。

別のストアに行って診断が覆った事もありますので、試してみても良いですが・・・

通常は応対履歴が残っているので、おそらく徒労に終わるでしょう・・・

 

新品を買い直すか、そのまま修理を依頼するか検討する

本体修理を依頼したの場合と新品を購入した場合の費用は以下の通りです。

本体修理の費用

Apple Pencil(第一世代) 8,690円

Apple Pencil(第二世代) 13,420円

修理してから新たな保証が90日付く。

新品を購入する場合

Apple Pencil(第一世代) 11,880円

Apple Pencil(第二世代) 15,950円

購入してから新たな保証が1年間付く。

 

うーん、微妙な差ですね〜・・・

 

わたし
わたし

そうですね・・・。

本体修理の場合は保証が90日しか付きませんし、買い替えはやり方によって安くできますので、ここは買い直した方が良いと思います。

 

故障したApple Pencilをフリマに売り、新品を購入する

もし少しでも新たに購入するApple Pencilの費用を抑えたいのであれば、故障して使えなくなったApple Pencilをフリマで売ると良いです。

例えば付属品などが揃っていればメルカリ等のフリマでジャンク品としてそこそこの値段で売れます。

相場を見ると、Apple Pencil第一世代は3,000円前後、Apple Pencil第二世代は4,000円前後で売ることができます。

 

仮にメルカリでこの価格で売ることができれば、実質以下のような値段で購入することができます。

Apple Pencil第一世代が仮に3,000円で売れた場合

3,000円 ー 300円(販売手数料) ー 175円(配送料) = 2,525円

11,880円(新品の価格) ー 2,525円 = 9,355円

Apple Pencil(第一世代)は実質9,355円で手に入ります。

 

Apple Pencil第二世代が仮に4,000円で売れた場合

4,000円 ー 400円(販売手数料) ー 175円(配送料) = 3,425円

15,950円(新品の価格) ー 3,425円 = 12,525円

Apple Pencil(第二世代)は実質12,525円で手に入ります。

 

わたし
わたし

こう考えると、新品で購入した方がお得だと言えます。

 

購入する際は、Appleのストアよりも安く、ポイントも付くAmazonや家電量販店を利用すると、さらに費用が抑えられます。

まとめ

ということで、安く済ませるためのおすすめの順番は以下の通りです。

  1. バッテリー修理の場合は3,520円で修理を依頼する。
  2. 本体修理だった場合は、故障したApple Pencilをフリマで売り、保証1年付きの新しいApple Pencilを購入する。
  3. 本体修理をお願いする。

 

とは言え、すぐに新しいApple Pencilが必要なのであれば、さっさと新品を買ってしまった方が早いかもです。
(そして時間があるときにでも故障したApple Pencilをフリマで売って費用を回収すれば良い)

 

わたし
わたし

色々と比較判断する材料となれば幸いです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました