【レビュー】2018 iPad Pro用 USB-Cハブとか色々【付属品】

こんばんは、モリケンタロウです。

iPadネタばかりで恐縮ですが、今日は「2018 iPad Pro用 USB-Cハブとか無印良品のケースとかケーブルとかIDカプセルとか色々」についてお話ししたいと思います。

前回も少しご紹介しましたが、iPadと共に持ち歩いている物の一つが、USBハブで、こちらはhommieという所が作っています。

小さいボディながらHDMIポート、Type-C充電ポート、USB3.0ポート、3.5mmイヤホンジャックを搭載しております。

まずHDMIポート。

このポートでiPadとTVなどをHDMIケーブルで繋ぐと、iPadの映像をテレビやロジェクターで映し出すことができます。

prime Videoなどの動画を大画面で見たい場合や、会社など会議でiPadの画面をプロジェクターや大型TVで映し出したい場合はこのポートを使えば映し出す事ができます。

次にType-C充電ポート。

こちらはUSB-Cポートをケーブルで繋ぐことで充電をすることができます。できるらしいです。

次はUSB3.0ポート。

こちらは写真のようにLightningケーブルに繋いで、iPhoneやAirPodsを充電したり、USBメモリを使ったりする事ができます。USBメモリに関しては読み込みと保存が出来ますが、直接編集は出来ない模様です。

メモリに保存できるなら、iPadの容量は1Tの物はメモリが多いので分かりますが、それ以外は64GBでいいような気がします。

最後に3.5mmイヤホンジャック。

新型iPadはイヤホンジャックがありませんので、音楽を聴く場合Bluetoothで接続する必要がありますが、このジャックを使えば有線で音楽を聴く事ができます。

僕はAirPodsを持っているので基本この端子を使うことはないでしょう。

ちなみにBluetoothで繋いだAirPodsを聴きながら、イヤホンジャックでも同時に聴けたりするのかな?と思い実験しましたが、AirPodsに繋がっている間はイヤホンジャックから聴くことはできませんでした。

次に無印良品のケースをご紹介します。こんな感じで無印良品のケースに収納しております。

正式名称は「ポリプロピレンカードケース・ダブル」で、カードを約30枚収納できるみたいです。が僕はそんな使い方はしておりません。以下の物を収納しております。

真ん中のケーブルはこちらで購入。

1番短い0.25mのケーブルをケースに入れています。かさばらないのでケースにもしっかり入ります。ケーブルがしっかりしていて断線しにくいのもポイントです。

そうそう、このケース、こんな感じで一部のフタが開くので、メモリをサッと取り出せます。

これはIDカプセルと呼ばれる物で、犬やネコが迷子になってしまった時、このカプセルの中に仕舞った連絡先に連絡をもらうようにする為に常に装着しておく代物です。

こんな感じで、 Apple pencilのペン先を入れてます。ペン先の収納については色々頭を悩ませましたが、これが一番しっくりきました。無印のケースにもキッチリ収まります。

この収納方法、かなりいい感じなのでおすすめします!

是非iPadとセットでスリーブケースに入れて持ち運んでくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました