【簡単!】本の黄ばみ・手垢をとる方法

こんにちは。モリケンタロウです。

 

私は基本持ち運びの利便性を最優先として考え、極力電子書籍で本を購入していますが、何度何度も読み返す本に関しては、紙の本で購入することもあります。
そして、紙の本の場合、何度も読んでいると、写真のように直ぐに汚れてきてしまいます。

 

今日は写真のような本の黄ばみ、手垢の汚れを取る方法を記事にします。

スポンサーリンク

【簡単!】本の黄ばみ・手垢をとる方法

用意するもの

紙やすりを用意します。
私はタミヤのフィニッシングペーパー(P2000番)を利用しました。P〇〇番の〇〇の数字が大きいほど細かくなりますので、やすりは目の細かいものを選びましょう。

ちなみにプラスチック・金属用と書かれておりますが、全く問題ありませんでした。

やり方

やり方は簡単で、単に本の汚れている部分を写真のように研磨していくだけ。

しばらくすると徐々に汚れが消えていっていることが目に見えてわかります。

最終的にこのようなになりました。

わたし
わたし

これで気持ちも新たに、本と向き合うことができます。

 

本を手に取って、「ああ汚れているなぁ」とネガティブから入って読むのと、「ああ綺麗になったなぁ」とポジティブから入って読むのでは、きっと微量ながらも頭に入ってくる情報、知識に差が出てくるのではないでしょうか

また、汚れているからメルカリやブックオフで売れない、または安値で出品せざるを得ない時も、この方法で少し綺麗にしてあげれば、もっといい値段がつくかもしれませんので、おすすめです。

経年劣化により全体的に黄ばみがあるものは難しいかもしれませんが、表面だけ汚れているものに関しては、どんどんこの方法で綺麗にしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました