【落書きが動き回る!】子供におすすめのアプリ「らくがきAR」

こんにちは。モリケンタロウです。

 

今日はお子様がいらっしゃるご家庭におすすめしたいアプリをご紹介します。

 

その名も「らくがきAR」というアプリで、お値段は120円。

このお値段でも機能は十分で人気も高いです。

らくがきに命を吹き込み、バーチャルで動き回らせる事ができます。

 

とても可愛いので、お子様も喜んで、絵を描くということがより楽しくなるかもしれません。

 

 

使ってみるととても可愛くて、簡単です。

 

それでは実際どの様なものか、ご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

【落書きが動き回る!】子供におすすめのアプリ「らくがきAR」

このアプリは自分の描いた絵や落書きをスキャンすることにより、自由に動き回らせることができる夢の様なアプリです。

また絵が苦手な人も、絵本などに描かれた可愛いイラストにも使用することができますので、とても楽しめると思います。

 

らくがきARのダウンロード

らくがきARはiOS、Android両方に対応しています。

 

それぞれ対応のストアからダウンロードしましょう。

Androidは「GooglePlay」から
画像

iOSは「Appストア」から

共にお値段は120円。

 

格安です。

 

らくがきARの使い方

カバーアート

 

らくがきARの使い方はとても簡単で、お子様でも直感的に楽しむことができます。

 

まず最初にアプリを起動したら、カメラへのアクセスを許可した上で、利用規約に同意します。

次にカメラが立ち上がるので、ここで動かしたいイラストに向かってスマホをかざします。

スキャンの準備が整ったら、スキャンと書かれたアイコンの部分が赤くなるので、タップします。

たったこれだけで、落書きが立体としてバーチャル空間を自由に動き回ります。

わたし
わたし

立体化した落書きはダンボールという設定になっている様ですね!

他のイラストもスキャンして、仲間を増やしてあげましょう!


わたし
わたし

落書きたちがちょこちょこと動き回るので、とても可愛いですよ!

 

動き回るようになった“らくがき”には、画面を通じてご飯をあげることができますし、つついてちょっかいを出すこともできます。

画面をタップすると、ご飯が出現します。

チーズが出現しました。みんなチーズ目当てに群がってきます(笑)

わたし
わたし

このちょこちょこ動くイラストの姿に子供も大喜びです!

立体化できるラクガキについて

 

らくがきARは、白い無地の紙、もしくはiPadなどのタプレットなどに描いたものであれば、大体機能します。

また、自分が描いた落書きやイラストである必要はありません。

 

イラストが苦手な人は、絵本などから可愛い絵を動かすこともできます。

 

個人的にお勧めしたいのが下記の学研の「こどもずかん」です。

白ベースの背景にシンプルでかわいいイラストがたくさん載っています。

とても「らくがきAR」に向いている本だと思います。

 

まとめ

 

ということで、今回はお子様がいるご家庭におすすめのアプリをご紹介しました。

 

値段も120円と破格の安さになっていますので、是非一度お試しください。

イラストを描くのがめんどくさい人は、お手持ちの絵本などを活用してみましょう。

 

わたし
わたし

うちの娘も大喜びなので、きっとお子様も喜んでくれると思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました