ただ繋ぐだけ!古いキーボードでiPad /iPhoneを演奏する方法

こんばんは。モリケンタロウです。

最近、我が家で埃をかぶっていた古いキーボードとiPad Pro11を繋いで演奏を楽しんでいます。

KORGのTRITONというキーボード

MIDI端子があるキーボードであれば、複雑な設定もなく、接続するだけで演奏することができます

ということで今日はiPadやiPhone内の「GarageBand」などを古いキーボードと繋いで演奏する方法をお伝えします。

スポンサーリンク

ただ繋ぐだけ!古いキーボードでiPad /iPhoneを演奏する方法

用意するもの

・MIDIケーブルからUSBへの変換ケーブル

私はAmazonで適当に下のケーブルをチョイスしました。

片側がUSB(タイプA)、もう片方がMIDI端子となっています。

USBハブ

私は以前紹介したUSBハブを使っております。

【レビュー】iPad Pro用 USB-Cハブとか色々【付属品】
こんばんは、モリケンタロウです。iPadネタばかりで恐縮ですが、今日は「2018 iPad Pro用 USB-Cハブとか無印良品のケースとかケーブルとかIDカプセルとか色々」について...

ハブを使わない場合、下記商品を取り付けることでiPadやiPhoneと直接接続することができます。

iPadの場合

iPhoneの場合

ちなみに私のお勧めはUSBハブです。理由は後の項で説明いたします。

接続方法

ケーブルとハブ、もしくは変換アダプタが揃ったら、早速接続しましょう!
ここでは私のiPad Pro11とキーボードを例に、ご説明します。

まずキーボードの後ろにあるMIDI端子にケーブルを接続します。

画像のように、キーボードのMIDI端子OUTにケーブルのIN、INにOUTを繋ぎます。

続いてケーブルの先のUSB端子に変換アダプタ、もしくはUSBハブをつけてiPadもしくはiPhoneに接続します。(画像はUSBハブを使用しています)

接続は以上です。

演奏について

後は「GarageBand」や「Cubasis」などの音楽アプリを立ち上げて、お手元のキーボードを弾くと、アプリで指定した音を鍵盤で鳴らすことができます。

ただそれだけです。

最後に

ただケーブルを接続するだけで、たくさんの良質の音源が弾けてしまうなんて素晴らしい!
「GarageBand」の「Classical Grand」などは本当にいい音で、古いキーボードでこの音で演奏できてしまうなんて(しかも無料!)、なんて素晴らしい時代なのだと感激しました。

さらに快適な環境にするため

USBハブを使えば、さらに快適に演奏やレコーディングをすることができます

有線のヘッドホン

現状、「GarageBand」はBluetoothのイヤホン(Air Podsなど)だと、音が遅延してしまうようです。そのため、画像のようにUSBハブに有線のヘッドホンを接続して演奏します。

この場合は遅延など特に感じず、快適に演奏することができます
またヘッドホンにもよりますが、Air Podsよりの音がクリアに聞こえると思います。

本体を充電しながら使える

USBハブに充電ケーブルを接続すると、同時にiPadやiPhone本体の充電も行うことができます。

音楽アプリで演奏、またはレコーディングなど行う場合、バッテリーの減りが早いので、充電しながら使うことをお勧めします。

以上、MIDI端子が付いているキーボードとiPadやiPhoneをお持ちの方は、少しの出費で数多の楽器を演奏できる用になりますので、ぜひ演奏してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました