NTTグループ社員が考える、新型コロナウイルスによるテレワーク対応

こんにちは、モリケンタロウです。

ニュースにもなっていますが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、NTTグループが時差出勤やテレワークの実施を積極的に取り組むよう通達しました。実際職場にもその通知が来ています。

ちなみに僕はNTTグループの社員です。なので社員の視点でこの度のNTTグループの対応を考えてみたいと思います。

発端はNTT傘下のNTTデータで働く協力会社の男性社員が、新型コロナウイルスに感染したとのとこで、早急手を打ったという形になります。

これがきっかけでテレワークが促進されるというポジティブな意見も多く出ていますが、その前に考えなければならない事があります。

そもそもNTTグループはざまざまな雇用形態があり、本社の社員、グループ会社の社員、そのグループ会社の社員、有期社員、派遣社員等いわばピラミッドの様な構図になっており、ピラミッドの下の方に行くほど、会社からの手当が薄くなっていきます。

そしてNTTグループは実際ピラミッドの下の部分、多くの非正規の社員をによって支えられていますが、この社員たちはテレワークなどを実施する事ができません。在宅勤務という制度がないのです。

限られた正規社員は自宅で安全に仕事して、非正規は外に出て、会社で感染の恐れと隣り合わせな状態で仕事するという構図になっています。これはどうなんでしょう?非正規社員は奴隷でしょうか?

コロナがいよいよヤバくなってきたので、派遣社員も含め在宅するよう要請が出ました。
ちょっと対応が遅かった気がしますが。

僕の会社では貸与するパソコンの数が足りていないので、自己研鑽と称して家で何か勉強しといてねといった在宅をせざるを得ない人が何人かいます。
ある程度生産性は犠牲になるとは言えこれでは仕事が回りません。

ということで仕事する場合は自分で別途PCを用意する必要がありますが、テレワークが集中しすぎてネットワークが不安定になり檄重になっていました。

コロナウイルスが蔓延する前にこう言った環境が整っているのが本来の形です。

在宅勤務が職場と同等にできる様な環境を整えるなど、課題がたくさんありますが、今回のことをきっかけにして、より良い環境で働けるよう努めてほしいです。

また僕自身もこう言った環境を整えるためにどんどん働きかけて行きたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました