GoodNotes5の付箋・ステッカーの使い方について

こんにちは。モリケンタロウです。

 

今日はGoodNotes5の付箋・ステッカー機能の使い方をご紹介します。

 

スポンサーリンク

GoodNotes5の付箋・ステッカーの使い方について

 

付箋・ステッカーの使い方はとても簡単です。

 


・ますツールバーの★印のアイコンをタップします。

・次に付箋を挿入したい箇所をタップします。

・挿入したい付箋を選択します。


基本はこれだけで、後は調整です。

 


上記手順で、ノートの上に新規の付箋が挿入されます。


付箋を動かして位置を調整したり、画像のように大きさを調整しましょう。


大きさや位置を調整した後は、ペンツールで付箋に書き込んでいくだけです。

 

付箋の場所を変更する場合

 

付箋の場所を変更する場合は少し手数が必要です。

 


付箋は画像として認識されていますので、画像ツールを選択して、付箋をタップします。

 


画像のように付箋を任意の場所へ移動させます。このとき文字は置き去りにされます。


文字を移動させるためになげなわツールを選択し。文字を囲います。


囲ったらそのまま付箋の上に文字を移動させます。

今の所、付箋と文字を別々に移動させる必要がありますので少し面倒です。

 

わたし
わたし

今後のアップデートに期待しましょう。

ステッカー・スタンプとして使う

 

ステッカー的な使い方です。

こちらのほうが使いみちがありそうな気がします。

使い方は付箋と同じく、★印のアンコンをクリックして下部にあるアイコンを変更すると、ざまざまなステッカーが表示されますので、そちらを選択するだけです。
ちなみに下部アイコンの「+」マークでお好きな画像をスタンプとして追加することができます。

 

GoodNotes5の「週間スケジュール」というテンプレートにスタンプを使ってみました。

 

わたしはこんなマメな事はできませんが、手帳をスタンプやシールでデコレーションするのが好きな方は、良い感じのスケジュール帳が作成できるのではないでしょうか。

最後に

 

付箋として使う場合は、現状だと移動が少し面倒な気がします。

しかしステッカーやスタンプとしての使い方は、工夫次第でかなり有益に使えると思われます。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました