iPadでスクリーンショットを多用する方必見!効率的なスクショの方法を公開!

こんばんは。モリケンタロウです。

 

iPadでスクリーンショットを多用する方におすすめの方法をお伝えします。
「AssistiveTouch」という機能を使うことで、1タップでバシバシスクショを撮ることが可能です!

 

特に電子書籍をPDF化する際などはマストの設定ですので、是非参考にしてみて下さい。

 

まずは一般的なスクリーンショットのとり方を簡単におさらいします。

 

iPadでスクリーンショットを撮る方法

一般的なスクリーンショットの方法

 

通常は「電源ボタン」 + 「音量を上げるボタン」を同時押しすることでスクリーンショットを撮ることができます。

しかしこれは、非常に効率が悪く、やってられません。

 

Apple Pencilでスクリーンショットを撮る方法

 

Apple Pencilがあれば比較的簡単にスクショを撮ることができます。
やり方は画像の通り、画面左下からApple Pencilでスッと中央に向かってなぞるだけです。

 

 

この方法でも、わりと簡単にスクショが撮れます。
しかし連続してスクショと撮っていると、まれに軌道がずれてうまく撮れないことがあります
やってみると分かりますが、これは地味にストレスです

 

AssistiveTouchでスクショを撮る場合

 

そこで冒頭でお伝えした、「AssistiveTouch」機能を使ったスクリーンショットをおすすめします。


おそらくこれがスクショを撮る上では最も簡単に撮れる方法だと思います。
そして仮にApple Pencilが無くても、スクショを撮ることが可能です。

 

設定方法

 

「設定アプリ」から①アクセシビリティ → ②「タッチ」を選択。

 

 

③「AssistiveTouch」を選択。

 

 

④「AssistiveTouch」をオンにして、⑤カスタムアクション(シングルタップ)で挙動を設定します。

 

 

⑥アクション一覧の中から「スクリーンショット」を選択します。

 

上記設定で、画像のように四角いアイコンが出てきます。
このアイコンをタップすることで、スクリーンショットを撮ることができます。

 

例えば電子書籍のスクリーンショットを取る場合は、下記ように実施します。

①左下の空白をタップでページ送り→②アイコンをタップしてスクリーンショット。
これを繰り返せば、効率的にバシバシスクショが撮れていきます。

 

 

 

わたし
わたし

これは本当に捗ります!


ちなみにこの四角いアイコンはスクショに写り込まないのでご安心ください(笑)

 

 

 

電子書籍をスクリーンショットする場合の文字サイズについて

 

電子書籍の文字サイズはスマホでも見るなら大きめにしましょう。
もしiPadでしか見ないなら小さめでも良いでしょう。
私はiPhoneでも見るので文字は大きめに設定しています。

 

下の画像は小さい文字の設定。これだとiPhoneで見ると厳しいです。

 

これくらいの文字サイズだとスマホでも普通に読めると思います。

 

上記を参考に、ご自身の読みやすい文字サイズを調整してみてください。

 

電子書籍は縦で撮る

 

電子書籍のスクリーンショットは縦で撮ることをおすすめします。
理由は2つあります。

 

①スマホで見たときの見え方に影響がある

②iPadのSplitView使用時の見え方に影響がある

 

具体的に画像で見てみましょう。

 

①スマホで見たときの見え方に影響がある

 

仮に書籍を横で撮ると、iPhoneではこんな感じの見え方になります・・・。

 

 

これではスペースがもったいないです。

②iPadのSplitViewにおける見え方に影響がある

 

iPadには画面を分割してアプリを使用できる「SplitView」という機能があり、特に勉強などにもってこいです。
しかしこれも画像のように非常に見にくいです。

 

 

書籍を縦で撮った場合

 

書籍を縦に撮ると、スマホやSplitView使用時に空白ができず、画面いっぱいに表示されます。

 

 

 

電子書籍PDF化の手順

 

上記方法で電子書籍をスクショした場合は、管理しやすいようにPDF化しましょう!

 

わたし
わたし

1番簡単な手順はこちら記事に記載しています!

 

【iPad】Kindleの電子書籍に手書きメモを残す方法【ブックアプリへ取り込み】
こんばんは。モリケンタロウです。 iPadでKindleの書籍を読んでいると、メモを残したくなるときがあります。 勉強で使う参考書などは、手書きで書き込みがしたいがために、Kindleでは...
スポンサーリンク

最後に

 

以上がiPadで簡単にスクリーンショットを撮る方法になります。

 

このスクショ方法が最も活かせるのは、やはり電子書籍をPDF化する時です。
本当は電子書籍で購入したいけど、勉強するときなどは書き込みたいので、仕方なく紙の本を選んだりする方もいるかと思いますが、この方法なら電子書籍でも気軽にメモをとることが可能です。

 

メモを書き込みながら読むと格段に覚えやすくなりますので、ぜひ実践してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました