【iPhone /iPad】カメラやスクショの画像をPDFにする方法

こんばんは。モリケンタロウです。

 

カメラで撮った画像や、スクリーンショットの画像をPDFファイルにしたいんですけど、無料でできるアプリはないですか?

わたし
わたし

特別なアプリを使わなくても、iPhoneやiPadの標準機能だけで簡単にPDFにできますよ!

もちろん無料でできます!

 

iPhoneやiPadのカメラで写真を撮る、またはスクリーンショットを撮ると、その画像は「写真」アプリに保存されますので、これをPDFにします。

実際特別なものを用意する必要はなく、この記事の通りやれば、誰でも簡単に画像をPDFにすることができます

 

わたし
わたし

それでは手順を見てみましょう!

 

スポンサーリンク

使用する標準アプリ

使うアプリは標準で付いている「写真」アプリと「ファイル」アプリだけです。

「写真」アプリ
「ファイル」アプリ

 

簡単な流れを説明すると、まず「写真」アプリからPDF化したい画像を「ファイル」アプリに放り込んで、ちょちょっと操作するだけでPDF化できます。

 

そんな簡単にできるものなんですか?

わたし
わたし

それでは実際のやり方を見ていきましょう!

説明の画像はiPadの画面となっていますが、iPhoneの場合も流れは全く一緒となります。

「写真」アプリでPDF化したい画像を選択する

まずPDF化したい画像を選択しましょう。

 

最初に「写真」アプリを開きます。

 

画面右上の「選択」をタップします。

 

画像が選べるようになるので、PDF化したい画像を全て選択して、左下の共有アイコンをタップします。

 

メニューが表示されます。選択した画像に対するアクションを求められるので、ここで「ファイルに保存」を選択します。

 

次に保存先を聞かれるので、iCloudDriveのお好きなフォルダを選択して「保存」をタップします。

 

わたし
わたし

下準備はこれで完了です!

 

iPadにおけるスクリーンショット集めのワンポイントアドバイス
わたし
わたし

PDF化したいスクリーンショットをもっと効率良く取りたいとお考えの方は、下記の記事も参考にして見てください。

1タップでバシバシスクショが撮れるので、かなり効率が上がります!

 

 

「ファイル」アプリでPDF化する

わたし
わたし

次は選択した画像のPDF化です!

「ファイル」アプリを開きます。

 

iCloudドライブを選択して、先ほど画像を保存したフォルダを表示させます。

フォルダを見つけたら右上の「選択」をタップします。

 

「すべて選択」をタップします。

 

全ての画像を選択できたら、右下の「その他」から「PDFを作成」をタップします。

 

しばらく待つと、同じフォルダにPDFが作成されます

 

PDFを開いてみます。

 

わたし
わたし

問題なく閲覧することができました!

 

まとめ

ということで手順は以下の通り、非常にシンプルです。

まとめ
  1. カメラやスクショなどで撮ったPDF化したい画像を「写真」アプリで選択する
  2. それを「ファイル」アプリのiCloudのフォルダに放り込む
  3. 「ファイル」アプリを開き、画像を保存したフォルダ内でPDF化を実施する

 

本当にこんな簡単にPDFにすることができるんですね!

 

わたし
わたし

特にスクリーンショットで文章などを保存している場合は、PDFにした方が管理がしやすいので、定期的にPDFにして管理しておくことをお勧めします!

 

PDF化するもう一つの方法

実は「写真」アプリからPDFを作成する方法は、もう一つあります。

その方法は、「写真」アプリから直接「ブック」アプリにPDF化したい画像を放り込む方法です。

 

この方法だと開くアプリが「写真」アプリだけなので、操作手順が少ない分楽です。

 

しかしこの方法は以下のデメリットがあります。

  • PDF化する画像の枚数が多い場合、PDF化の途中でブックアプリが落ちてしまう場合がある
  • PDFにしたファイルの容量が、ファイルアプリで作成したPDFよりも大きくなる傾向がある

 

なので、お使いの環境でもPDF化の過程でブックアプリが何度も落ちてしまったり、容量が気になる方は、今回の「ファイル」アプリを使ったPDFの作成をお勧めします

コメント

タイトルとURLをコピーしました