息抜きにMacBookでSteamのゲームを楽しもう【M1】

こんにちは。モリケンタロウです。

 

MacBook(M1)を買って、その性能に満足している方は多いと思います。

しかしこう考えている人もまた、多いかもしれません。

 

これで息抜きにゲームができたら最高なのになぁ。

そこで、実際にSteam(スチーム)をインストールしてゲームを試してみました!

結論、Macで一部のゲームは問題なく楽しむことは可能です。

 

しかしほとんどのゲームは残念ながらMacでプレイすることは出来ないようです。

厳密には仮想デスクトップなどを駆使して無理やりゲームを起動させる事はできるようですが、そこまでゲームを大いに楽しみたいという方は、WindowsのPCを買った方が幸せになれます。

 

ただ息抜きにちょっとしたゲームをやるくらいなら、MacBook(M1)でも十分楽しむことが出来ます。

そこで今回は、実際にMacBookでSteamのゲームをやるまでの手順をご紹介します。

スポンサーリンク

MacにSteamをインストールする

Steamはゲームのダウンロード販売を行なっており、PCでゲームを行う人は、ほぼほぼ使っている有名なプラットフォームです。

 

わたし
わたし

PCでゲームをする方ならほとんど利用しているサービスです。

インストール

まず下記サイトより、SteamをMacにインストールします。

 

 

トップページの「Steamをインストール」をクリック。

 

「STEAMをインストール」をクリック。

 

わたし
わたし

あとはインストーラーの手順に従ってインストールを進めてください!

 

Steamのライブラリを確認

インストールが完了したら、実際にSteamを立ち上げてみましょう

 

私は以前WindowsでSteamのゲームを楽しんでいたため、アカウントがありましたので、そのアカウントにログインします。

 

わたし
わたし

初めての方は新規アカウントを作成する必要があります。

 

「ライブラリ」を選択します。

 

こちらに購入したゲームの一覧が表示されます。

 

対応しているゲームは一部のみ

売り上げトップのゲームを見てみましたが、ほとんどMacに対応しているゲームはない状態です。

 

わたし
わたし

画像のように Windowsマークがばかりで、Appleのりんごマークはありません。

 

手持ちのゲームを一つ一つ確認していきましたが、やはりほぼほぼWindowsのみ対応でMacには対応していませんでした・・・。

 

またMacに対応していても32ビットのゲームが多く、現在の新しいOSでは快適にゲームが出来ない可能性があるようです。

 

対応ゲームの動作について

そんな中、Macに対応している、かつ32ビットの表示がない一部ゲームについては、インストールしてプレイすることができるようです。

 

試しに「テラリア」というサクッとできるゲームをインストールしてプレイしてみました。

 

無事、ゲームが立ち上がりました。

 

プレイも問題なく行うことができます。

 

わたし
わたし

MacBook Air(M1)でゲームをしているのは不思議な気分です。

まとめ

ということで、Macに対応しているゲームの数は少ないですが、M1のMacでも一部ゲームは楽しむことができます。

対応していないゲームも「SteamPlay」と呼ばれるものや、「BootCamp」を介してプレイすることができる可能性もある様です。

しかし個人的には、ゲームをがっつりやりたいならWindowsPCを買うか、プレイステーションなどの専用機でやるのが良いかなと思います。

ということで、M1MacによるSteamゲームの楽しみ方をご紹介しました。

 

わたし
わたし

作業の合間に少しゲームをするのはありだと思います。

 

息抜きに少しゲームでもしてみたいなと思ったら、Appストアだけでなく、Steamで対応しているゲームも是非探してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました