まずやっておきたいGoodNotes5おすすめの設定6選を紹介

こんばんは。モリケンタロウです。

 

iPadでノートを取る。

GoodNotes5で取るノート。

とても気持ちいいですよね。

 

私もGoodNotes5を購入して毎日iPadでノートを取ることになったんだけど、ちゃんと使いこなせているのか不安で・・・

何かおすすめの設定とか使い方とかありますか?

 

わたし
わたし

GoodNotesは直感的に使えるので、知らなくてもとりあえず使えるけど、知っている方がより効率的になる設定はいくつか存在します!

 

ということで今回は特に知ってほしいおすすめの設定を6つ、ご紹介します。

 

今回ご紹介するおすすめの設定は以下の通りです。

おすすめの設定
  1. 自動バックアップ
  2. スクロールの方向を変える
  3. ステータスバーの表示設定
  4. ノートのテンプレートの設定
  5. プルしてページ追加
  6. 消しゴムの自動解除

 

わたし
わたし

それぞれの設定で、できること、設定方法を解説いたします。

スポンサーリンク

自動バックアップ

何ができるのか

できること

GoodNotes5のノートをiCloud以外のクラウドストレージサービスにも自動的にバックアップすることができます。

 

設定したストレージサービスにアクセスすると、GoodNotesフォルダが作成され、自動保存されていることが確認できます。

ノートのバックアップに関しては、基本iCloudに自動保存、同期され、iPhoneでもMacでも最新の状態を開けるようになっています。

しかしiCloudの容量不足等で保存できなかった場合を考え、別のクラウドストレージにも保存しておくことをお勧めします。

 

わたし
わたし

以下は自動バックアップの設定方法です。

設定方法

歯車アイコンをタップして、「設定」を選択します。

 

設定の一覧から「自動バックアップ」を選択します。

 

自動バックアップをオンにします。

 

「クラウドストレージ」を選択します

 

ここで利用したいクラウドストレージサービスを選択します。

 

「サインイン」をタップすると、選択したサービスのサインイン画面が表示されるので、パスワード等必要事項を入力します。

 

わたし
わたし

サインインすると、自動的にバックアップが開始されます。

また、バックアップファイルのフォーマットはデフォルトでは「PDF」となっています。

PDFで書き出すと再び編集可能なGoodNotes形式には戻すことができないので、バックアップはGoodNotes形式をおすすめします。

変更する場合は、「ファイルフォーマット」の部分をタップします。

 

とは言えPDFはファイルを共有するにはとても便利なファイル形式なので、共有する機会が多い方は「GoodNotes & PDF」を選択されると、両方の形式でバックアップされます。

スクロールの方向を変える

何ができるのか

できること

ページをめくる方向を縦か横、お好きな方へ設定できます。

縦方向の場合

 

横方向の場合

 

わたし
わたし

文字を書く手の位置などを考慮すると、個人的には縦方向の方が書きやすいと思います。

設定方法

歯車アイコンから「設定」を選択します。

 

項目から「書類編集」を選択します。

 

もしくはノート画面の「…」アイコンから「書類設定」を選択しても同様のページが開きます。

 

ここの「スクロールの方向」で変更できます。

 

横方向か縦方向を選択できます。

 

ステータスバーの表示設定

何ができるのか

できること

画面最上部にある日付やバッテリーの表示・非表示を設定します。

 

集中して作業したい時などは、時間やバッテリーを気にするだけで集中力が切れてしまうという事もあるでしょう。

 

わたし
わたし

必要があれば、ここで非表示にしましょう!

 

設定方法

「書類編集」で設定可能です。(場所は以下の通り)

  • 書類画面(トップ画面)であれば、歯車アイコン→「設定」→「書類編集」
  • ノート画面であれば、右上の「…」アイコン→「書類設定」

 

書類編集画面のステータスバーをオンにします。

 

オンにするとステータスバーは非表示になります。

ノートのテンプレートの設定

何ができるのか

できること

あらかじめノートのテンプレートを作成しておくと、ノートを新規作成した時のデフォルトの設定が、テンプレートを引き継ぎます。

 

 

設定方法

テンプレートでは表紙や用紙の種類、サイズや用紙の向き等設定することができます。

後で修正する必要がないように、最低限用紙のサイズと用紙の向きを設定しておくと良いです。

 

わたし
わたし

サイズはA4で縦向きの書類が利便性が高くておすすめです。

プルしてページ追加

何ができるのか

できること

プルする(引っぱる)と、簡単にページが追加できるようになります。

 

ページの下部で矢印方向に引っぱります。

 

ここで指を離します。

 

簡単に新たなページが追加されます。

 

設定方法

「書類編集」で設定可能です。(場所は以下の通り)

  • 書類画面(トップ画面)であれば、歯車アイコン→「設定」→「書類編集」
  • ノート画面であれば、右上の「…」アイコン→「書類設定」

 

書類編集の「プルしてページを追加」で設定します。

消しゴムツールの自動解除

何ができるのか

できること

消しゴムを使い終わると、自動的に直前に使用していたペンやマーカーなどのツールに戻ります。

 

このように消しゴムを使ってApple Pencilのペン先を画面から離すと・・・

 

自動的に直前に使っていたペンツールに戻り、書き進めることができます。

設定方法

ノート画面で消しゴムを2回タップしてメニューを呼び出し、「自動選択解除」をオンにします。

ポイント

この機能はApple Pencilのダブルタップの設定を「消しゴム」にしておくことで、作業効率が爆発的に上がるので、ぜひお試しください。

以下、設定方法です。

 

設定アイコンを開く

 

「Apple Pencil」を選択する。

 

「現在使用中のツールと消しゴムの切り替え」を選択

これでわざわざ消しゴムを選択しなくても、Apple Pencil本体をダブルタップする事で消しゴムを呼び出す事ができます。

そして、文字を消して、ペンを離した瞬間、元のツールに戻る。

 

わたし
わたし

動作に無駄がない!

 

GoodNotesなどのノートアプリは大体ペンと消しゴムを使うことが圧倒的に多いので、この設定で極力手間を省いていきましょう!

まとめ

以上まずやっておきたいGoodNotes5の設定6選をご紹介しました。

 

どの設定も自分のやりやすいように設定を変えるだけで、GoodNotes5を更に使いやすいものに変えてくれます。

もし参考になる設定があれば、是非使ってみてください!

 

わたし
わたし

ここまでお読みいただきありがとうございました!

 

あわせて読みたい

 

わたし
わたし

また、GoodNotes5にはさらに効率的かつ実用的に活用できる機能がたくさんあります!

下の記事に使い方と活用方法をまとめましたので、是非ご確認ください!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました