【GoodNotes5】使い方とおすすめの活用方法まとめ!

こんばんは。モリケンタロウです。

 

このGoodNotes5とiPad、Apple Pencilの組み合わせは最強です。

正直このアプリの為だけにiPadを買っても良いのでは?と思えるほど使いやすく、実際GoodNotes5は、常にAppStoreの上位に君臨している多くのiPadユーザーが認めているアプリです。

 

へぇ〜、すごいのは分かったけど、実際何ができるの?

 

わたし
わたし

今回は「GoodNotes 5」の使い方と活用方法をまとめましたので、実際なにができるのか参考にしていただければと思います!

スポンサーリンク

GoodNotes5について

GoodNotes5は紙のノートにはできない多彩な機能が多く、また紙のノートやプリントのように、物理的に増えることがないので、スマートかつ効率的に使うことができます。

またノートをとるだけでなく、PDFに書き込む、画像付きの日記をつけるなど、やれることもまた多岐にわたります。

 

わたし
わたし

基本的に紙でできる事はGoodNotes5で完結させることができます!

紙のノートやプリントが
iPad1台で完結

 

GoodNotes5は買い切りタイプなので、980円でずっと使い続けることができます。

またユニバーサル購入対応アプリなので、例えばiPadでGoodNotes5購入すれば、iPhone、Macでも追加料金なしで使うことができるのも嬉しいポイントです。

 

わたし
わたし

さらにGoodNotes 5は今まで有料で提供されていましたが、無料で使えるようになりました!

ノートの作成が3冊までだったり、手書き文字が検索ができなかったりと一部機能が制限されていますが、試してみたい方はぜひ使ってみてください!

 

GoodNotes5の使い方

ということで、そんなGoodNotes5の使い方について、まとめて見たいと思います。

それぞれ大まかな概要を記載しますので、気になるものがあったら、個別の記事で詳細をご確認いただければと思います。

 

まず確認してほしい、おすすめの設定6つ

以下の記事で、最初に知っておくことで効率的にGoodNotesが使えるようになる設定を6つ、紹介しています。

どれも非常におすすめの設定ですが、実際ノートをとる際の効率が大きくわかる「消しゴムツールの自動解除設定」などは是非設定いただきたい機能です。

 

 

ノートの作成方法

ノートを新規作成する手順を以下の記事で説明しています。

GoodNotesはノートを作成する際、サイズやカラー、種類などさまざまな設定が可能です。

また新規作成時に表示される「スキャン書類」という機能で、スキャナーのような使い方もできるので、プリントをまとめたい方は参考にして頂きたいと思います。

 

 

 

ツールバーの使い方

ツールバーはノートを書く際に必ず使用する基本的な機能です。

基本的な機能とはいえ、ペンツール、消しゴムツールの他、さまざまな機能があり、使いこなすことによってさらに快適にノートを取ることができます。

 

 

なげなわツールの使い方

なげなわツールを使えば、ツールで囲った部分をカット、コピー、削除、サイズ変更、カラー変更、スクショ、テキスト変換など、さまざまなことを一括で行うことができます。

 

 

エレメンツツールの使い方

エレメンツツールを活用すれば、付箋やステッカーなどの「要素」と呼ばれるものをノートに貼り付けて、ノートを可愛くデコレーションしたり、視覚的にわかりやすくすることができます。

 

 

フラッシュカードの使い方

お子様への絵カードを使った学習、英単語の学習等に最適のフラッシュカードが、GoodNotes5においても作成可能です。

 

わたし
わたし

娘も何気にこの機能を気に入っています!

 

 

アウトライン(目次)の使い方

特にページ数が多いノートはアウトライン(目次)をつけることにより、目的のページを効率よく探し出すことができます。

目的のページを探すために、何百ものページを永遠とスクロールして腱鞘炎になる前に、是非設定をしておきましょう!

 

 

手書き、PDF、テキスト内を単語検索する方法

GoodNotes5は手書きの文字だろうが、PDFに書かれた文字だろうが、テキスト入力だろうが、検索が可能です。

 

わたし
わたし

私のような悪筆でも割と高い精度で、ちゃんと拾ってきてくれます!

 

 

コメント機能を活用する

コメント機能を活用すると、手書きで書いたノート、画像などを使って作成したノート、PDFなどの資料、どんなノートでも見た目を邪魔することなく、手軽にコメントを残せます。

 

わたし
わたし

コメント機能を使った学習方法はおすすめです!

 

ノートを印刷する方法(コンビニを活用する)

GoodNotesのノートをプリントアウトする場合、プリンターをお持ちでなければコンビニでプリントアウトしましょう。

専用アプリを使うだけで簡単に印刷が可能です。

 

 

GoodNotesの活用方法

わたし
わたし

ここからはGoodNotes5の活用方法について、フォーカスして見たいと思います!

 

実際、GoodNotes5はノートだけあって、勉強と相性がとても良いアプリです。

iPadやGoodNotes5を活用するだけで、学習環境が一つにまとまり、効率よく学習が可能になります。

 

PDF化した電子書籍にメモをする

GoodNotes5でKindleなどの電子書籍にメモをする方法を記載しています。

特にiPadで勉強がしたい人にはお勧めの方法です。

実際に電子書籍をPDF化してGoodNotes5でメモができるようになれば、さらに勉強が捗りますので、是非参考にしてみてください。

 

 

赤シートを使って勉強する

こちらも勉強に活用する方法です。

紙のノートでは単語の暗記などに使われる、赤シートや緑シートとマーカーを使った勉強方法が、GoodNotes5でも可能です。

 

 

ホーム画面から特定のノートをすぐに開く方法

OSに標準搭載されている機能であるショートカットアプリをつかって、特定のアプリをホーム画面からワンタップで開く方法を記載しています。

サクッと目的のノートを開きたい時に便利な設定となります。

 

 

MacやiPhoneで使う

GoodNotes5はユニバーサル購入を採用しているので、MacやiPhoneでも追加料金なしで使用することが可能です。

それぞれの端末でGoodNotesを活用する場合について、以下の記事に詳細を書いています。

iPadでは手書き、Macはキーボードを使ったテキスト編集や画像挿入、iPhoneで閲覧と、それぞれの良いところを織り交ぜると、とても良い感じに活用できます。

 

 

Windowsで閲覧する

GoodNotesはグーグルドライブなどのクラウドを活用すれば、WindowsやAndroid端末でもノートを閲覧することが可能です。

ノートをとる、隙間時間にAndroidスマホで復習すると言った使い方が可能です。

 

 

Split Viewで学習する

GoodNotes5とiPadOSの機能であるSplit View(スプリットビュー)の相性は抜群です。

Split Viewとは画面を分割してマルチタスクができる機能で、片方の画面に電子書籍などの教材、もう片方の画面にGoodNotes5でノートをとるという最強の布陣が完成します。

 

 

まとめ

ということで、GoodNotes5の使い方と活用方法についてのまとめでした。

 

実際にやれることがかなりたくさんありますが、一番大事なのは「ノートをとる」ということなので、無理やり全ての機能を使いこなす必要はないと思います。

 

わたし
わたし

しかし本記事の中には、知っておくととても便利な機能も含まれているので、是非参考にしていただければ幸いです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました